カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 生活改善 >
  5. 自律訓練法で不眠を解消する!?自律訓練法っていったい何?

不眠・睡眠障害

自律訓練法で不眠を解消する!?自律訓練法っていったい何?

自律訓練法は1930年代にドイツで始まった自己催眠の方法です。

創始されてから今まで、自律神経失調症、不安神経症などの治療に用いられています。

 

●自律訓練法とは

自律訓練法はドイツの大脳生理学者が初めて提唱した方法で、薬を使わずに神経症分野の病気や不眠を解消できる可能性があることで知られています。

もちろん、病気ではない方にとっても自律訓練法は役に立ちます。ストレスを緩和して、翌日以降の仕事や学業のパフォーマンス力をアップさせられますし、疲労回復にもつながります。

 

●自律訓練法と不眠

自律訓練法は昔から不眠症の治療に使われてきました。特に効果があるのは不安からくる不眠症です。

ほかの病気が原因で起きる不眠症、原因不明の遺伝子などによる不眠症には効果がありませんが、心理的な問題からくる不眠症には自律訓練法が向いています。

 

●自律訓練法を試してみる

自律訓練法を実際に試してみます。

まずは、リラックスできる環境に自分を置くことが大切です。そして、締め付けのない服に着替えて、静かな環境に移動しましょう。姿勢は仰向けでもよいですが、椅子に座って行うという方法もあります。

※呼吸器疾患、心臓疾患がある方は、自律訓練法は行なってはいけません。

 

自律訓練法には7つのステップがあり、すべて心の中で唱えながら体で実感する必要があります。

1つ目は「気持ちが落ち着いている、穏やかになってきた」と唱えます。緊張を取り除けたら2つ目にいきましょう。

2つ目は腕と足が重くなってくる、3つ目は腕と足があたたかくなってくるという感覚です。

4つ目が鼓動が穏やかになってくる、5つ目が呼吸が楽になっているという感覚です。

そして6つ目がお腹が温かい、7つ目が額が涼しいという感覚です。

 

唱えることは簡単ですが感覚をつかむには1か月はかかるといわれています。

確実に効果を得たい場合は、自律訓練法に熟知した医師に相談してみることをおすすめします。

 

(Photo by:足成)

著者: 勇太さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活改善に関する記事

食事習慣や運動不足が原因?!質の良い眠りを取り戻すための生活習慣

    健康な体を保つためには、食事と運動、睡眠の生活習慣には大きな関係があ...

睡眠ホルモンに影響*遮光カーテンは不眠症に良い?悪い?

遮光カーテンとは読んで字のごとく、光を遮断するカーテンです。いまは、多くのカ...


快眠のための食生活、どうすればいい?就寝2時間前までに食事は終了しておこう

  眠りと同じように生活を支えているのが食事です。就寝前の食事について見て...

寝る前にしている行動が原因?!不眠を招く生活習慣とは

   なかなか寝つけない、寝てもすぐ目が覚めるなど、眠りに関する悩みが多い人が増...

カラダノートひろば

生活改善の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る