カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 甲状腺機能低下症 >
  5. 甲状腺機能低下症の一つ、「橋本病」の症状とは

気になる病気・症状

甲状腺機能低下症の一つ、「橋本病」の症状とは

 

甲状腺機能低下症とは、免疫の働きの異常により、甲状腺という臓器の機能が低下し、甲状腺ホルモンの分泌が少なくなるという病気です。その中で代表的なものが「橋本病」です。体に様々な症状を起こすことがありますが、他の病気や「ただ疲れているだけ」などと勘違いしやすいため、なかなか症状が改善しない場合は、検査を受けたほうがよいかもしれません。

 

 

■橋本病とは

 

橋本病とは、本来外部から侵入してきた異物に対して作られる抗体が、自分の甲状腺に対して作られてしまい、甲状腺ホルモンを作る細胞を攻撃することで機能が低下するという病気です。しかしこの抗体が体内に存在していても、甲状腺の機能が正常であれば症状があらわれません7割程度の人に症状が現れず、病気に気づいていないまま暮らしているとみられています。甲状腺の破壊が進行すると症状も出てきます。男性よりも女性の割合が圧倒的に多く、主に30代から50代に多くみられます。

 

 

■症状

 

甲状腺のあるのどぼとけの下で、鎖骨より上の部分が腫れますゴツゴツとしていることが多く、触っても痛みはありません。甲状腺ホルモンが減少すると、新陳代謝が悪くなります。体全体がむくむようになり、舌がむくむとろれつが回らなくなります。咽頭もむくんでしわがれた声になります。ひどくなると「粘液水腫」という状態になることもあり、注意が必要です。体温を作り出せず寒がりになる、髪やお肌がパサパサになる、月経に異常がおきるなどの症状もみられます。気力や意欲の低下、一日中続く眠気などから精神面に支障をきたし、うつ病のような状態になってしまうこともあります。

 

 

急に悪くなるというよりは、徐々に進行していくようです。検査をすることで病気の有無がわかりますので、原因不明の長引く体調不良があれば、一度受診してみるとよいでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/05/22-362191.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

甲状腺機能低下症に関する記事

指先のしびれ、痛みの正体は○○だった!放っておいたら、命にかかわるって本当?

指先や唇がしびれ、ピリピリ、チクチクするような痛みがあるのは、どんな病気による...

チラーヂンと腹痛は関係ある?その副作用について

           チラーヂンとは、甲状腺機能低下症、粘液水腫、クレチン病...


甲状腺機能低下症ではどんな治療を行うの?

        関連する記事 ...

甲状腺機能低下症の一つ「橋本病」の治療で注意したいこと

  甲状腺機能低下症は、甲状腺の機能が低下し、代謝やたんぱく質の合成に不可...

カラダノートひろば

甲状腺機能低下症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る