カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 生活習慣病 >
  5. 見逃さないで!小児糖尿病(Ⅰ型糖尿病)の徴候

育児・子供の病気

見逃さないで!小児糖尿病(Ⅰ型糖尿病)の徴候

 

子どもの糖尿病は、いわゆる肥満からくるのではなく、インスリンをつくる組織が破壊されていくI型糖尿病が多いのが特徴です。これは早期発見がとても重要です。

 

 

小児糖尿病の徴候とは

 

インスリンが減ってくると、つぎのような症状が現れます。

 

1.のどが渇く・よく水を飲む

2.トイレに頻繁にいく

3.よく食べるのに、体重が減り、痩せてくる

4.だるい

5.食欲低下

6.昏睡

 

これらはいずれもインスリンが足りないために起きる症状です。とくに昏睡は死に直結する非常に危険な状態です。

 

インスリンの役割とは

 

インスリンは、体中の細胞が活動するために必要な糖を、全身の細胞に届ける大切な役割があります。インスリンが全身の細胞に糖を取り込ませるので、血液中から食事で摂った糖が減っていきます。しかし、インスリンが不足すると全身の細胞がエネルギー不足になり、うまく体が動かなくなり、疲れやすく、だるさを感じます。行き場を失った糖は、血液中を高い濃度で循環し続けるため、体は血糖値を下げるために水分を血液に入れて薄めようとします。そのため体から水分が足りなくなって、喉が渇いたと感じるのです。

 

食べても痩せていく

 

インスリンがつくれなくなると、糖を全身に運べないため、筋肉や脂肪組織を分解してエネルギーを作り出そうとします。このため、食べているのに痩せていくのです。しかし、食事もこうした体の分解によっても、インスリンがないと体のエネルギーとはなりません。さらに、タンパク質や脂肪を体内で分解するときに発生するケトン体が血液に溜まることで、血液が酸性(ケトアシドーシス)になります。これが続くと気分が悪くなり、嘔吐したりし、進行すると昏睡状態となるのです。小児に多いI型糖尿病では、このケトアシドーシスを起こしやすいため、危険なのです。

 

成長にも影響

 

このように、全身からエネルギーを失わせ、既にある筋肉も分解されるため、成長期でありながら、糖尿病を発症すると成長が妨げられます。背が伸びなくなり、年齢に応じた成長が遅れます。最近では小児糖尿病への関心も高く、健診で見つかるケースも増えていますが、日常でも子どもの様子に注意し、早期に徴候に気づくことが重要です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/08/28-368139.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣病に関する記事

子どもの糖尿病:インスリン注射と血糖測定について

  糖尿病になると、毎日自分で血糖値を測定して異常がないか確認が必要です。子ど...

子どもの肥満の原因は欧米型の食生活?!小児生活習慣病について

  子どもの生活習慣病である小児生活習慣病ですが、リスクが高まっているとの...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

生活習慣病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る