カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 生活習慣病 >
  5. 子どもの糖尿病:インスリン注射と血糖測定について

育児・子供の病気

子どもの糖尿病:インスリン注射と血糖測定について

 

糖尿病になると、毎日自分で血糖値を測定して異常がないか確認が必要です。子どももある程度自分でコントロールできるようになると、インスリン注射と血糖測定を自分でできるようになります。

 

 

簡易測定器で毎日測定

 

血糖値は、病院に行かなくても、簡易型の測定器で自分で測定することができます。体調が悪いか、血糖値が乱れていないかなどを見て判断するための目安となります。小児糖尿病では、年四回の病院での定期的な診察を受けますが、そのときにもこの血糖値の記録が診断に必要になります。自分で測定できるようになるまでは、保護者が記録していきます。

 

測るには血を一滴

 

血糖測定では、ランセット(穿刺針)と呼ばれる器具を指先等に刺して血液を採取します。チクッとしますが、慣れるとさほどではありません。採る血液もすぐ止まる程度の1〜2滴です。これを測定器に乗せると血糖値が出てきます。1日に4回以上、測定します。

 

測定した血糖値でインスリン量を調節

 

測定された血糖値の数値を見て、インスリンの使用量を調節できるように、医師からの指導を受けます。だいたい10歳くらいになると、自分で測定してインスリンも自己注射できるようになるケースが多いようです。保護者としては心配ですが、子ども本人ができるように促すと同時に、きちんと実施しているかの確認と管理も重要です。

 

 

血糖値の測定は、自己測定も保険が適用されます。医師の診断には日常の血糖値の変化の記録はとても大切で、定期的な医師の診察の際には、他の検査項目(グリコヘモグロビンや尿中タンパク、甲状腺機能、網膜検査等)と合わせて、糖尿病の進行や合併症が起きていないかを診断します。毎日の血糖値測定を続けるのはたいへんなことではありますが、継続していくことが大切なのです。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/03/19-345943.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣病に関する記事

インスリン注射は必須!小児糖尿病の治療とは

  一般的な糖尿病の治療と異なり、子どもの糖尿病は成長期であるため、治療には十...

10代の糖尿病:ペットボトル症候群の症状

  子どもの糖尿病のうち、II型糖尿病は、いわゆる「ペットボトル症候群」と呼ば...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

生活習慣病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る