カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 目覚め >
  4. 良くする方法 >
  5. 目覚めをよくする朝風呂

不眠・睡眠障害

目覚めをよくする朝風呂

 

風呂は心をリラックスさせる効果があります。
筋肉の緊張を解きほぐすこともできるので、座り仕事にしても立ち仕事にしても同じ姿勢でいる方にとっては風呂はリラックス効果が高いです。


●朝風呂の効果


朝風呂に入るのが日課という方もいます。
朝風呂には、眠気を解消する効果があります。
朝風呂が眠気解消に向いている2つの理由を説明します。
まず1つ目は、交感神経を刺激できるということです。
お風呂ではリラックスできるので副交感神経の刺激に向いていますが、朝風呂や熱いシャワーの場合はその限りではありません。
温度が40℃以下でゆっくりと風呂に入る場合は副交感神経の刺激となりますが、温度が40℃以上だったり、シャワーを浴びる場合には交感神経が刺激されます。
交感神経は目を覚ます刺激ですので、眠気を解消できます。


●朝風呂と血圧


朝風呂が眠気の解消に向いているもう1つの理由が、血圧を上げるという働きからです。
熱によって体内の血管に勢いよく血が流れるようになると、血圧が上がります。
血圧が上がると目覚めやすいので、朝風呂には眠気解消の作用があると言えます。


●朝風呂の注意点


朝風呂には注意したい点もあります。
まず、高血圧や心臓病を患っている方は朝風呂に入らないことです。
朝風呂によって急激に血圧が上がることで心臓発作を起こす可能性もあるからです。
また、湯冷めを防ぐのも朝風呂において重要なことです。
朝風呂を浴びた後に会社に行ったり学校に行ったりする時は、湯冷めを防がないと風邪の元となります。
自分で体を温められるように、最後にシャワーで水に近いぬるま湯を一度浴びるのがおすすめです。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2009/06/21-022785.php)

著者: 勇太さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

良くする方法に関する記事

不眠を解消しよう!穏やかな眠りにつくための理想の朝の過ごし方

当たり前のことですが、一日は朝から始まって夜で終わります。一日は繋がっているので...

冬の朝は起きられない・二度寝したい…それには原因があったんです!起きれないのは○○のせい!

春夏はそうでもないのに、冬になると起きるのがつらいという方もいます。なかなか予...


顔の筋肉と眠気は関係がある?!眠気を飛ばす顔の筋肉の動かし方 ガムにも効果アリ!?

眠いとときにあくびをする理由のひとつが、『顔の筋肉を動かして眠気を飛ばすため』...

眠りの質をあげるためにできること~知っておくべき、寝る直前にするとイイコトとは

  眠りの質は、『眠りに満足できるかどうか』ということです。眠りの質があが...

カラダノートひろば

良くする方法の関連カテゴリ

良くする方法の記事ランキング

人気体験談ランキング

不眠・睡眠障害のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る