カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 加齢黄班変性症 >
  5. 光カット眼鏡は効果的?!PC長時間使用は加齢黄斑変性の危険性

気になる病気・症状

光カット眼鏡は効果的?!PC長時間使用は加齢黄斑変性の危険性

 

『ブルーライト』が加齢黄班変性を引き起こす可能性

 

近年、パソコンや携帯電話の画面に使用されるLEDライトから発せられる『ブルーライト』の目に対する危険性が示唆されています。マウスによる実験では、長時間ブルーライトに過度にさらされると、眼の眼底にある黄班部が損傷を受けて『加齢黄斑変性』を引き起こす可能性があることが明らかにされました。このブルーライトを遮断する効果があるとしてめがねメーカー各社では『カット眼鏡』が発売されていますが、効果としてはどの程度期待が出来るのでしょうか?以下ではその詳細についてみて行きたいと思います。

 

ブルーライトの生体への影響

眼の見える仕組みとは、光が瞳孔から入り水晶体で屈折し、網膜上に像を結んで、視神経によって大脳で認識される、という構造になっています。

網膜のうち、焦点を当てる部分というのはわずか直径0.35mm程度で、その上部に存在する黄班部には『ルテイン』という物質が存在しています。ルテインはブルーライトの波長を遮断し、網膜を保護する役割がありますが、長時間の過度な照射で黄班部が変性する可能性があるとされています。

 

また40代頃からは、レンズが黄色くなりブルーライトが遮断される傾向にある(白内障に至る可能性がある)ようですが、若年層は遮断能が無く、より損傷を受けやすいとされています。


ブルーライトカットレンズの科学的根拠

ブルーライトとは、380~495nmの青色光のことで、有害とされる近紫外線(=UVA)と波長が近く(315~380nm)、可視光線のなかで最も強いエネルギーを発する光とされています。

 

専門家によれば、ディスプレイなどから発せられるブルーライトは、光源によって『ピークとなる領域』が異なるため、青色領域全体をバランスよくカットしなければ、その効果は限定的なものになる場合がある、とされています。

例として挙げられていたのはJINS PCのレンズですが、装着によって最大で約50%のブルーライトカット率が証明されている、と言われているようです。

 

ある眼科での青色光カットグラスの装着試験が行われたところ、以下のような結果となったようです。

 

<青色光カットグラスの装着試験>
◆視神経の機能測定試験フリッカーテスト(眼の疲れの指標)

(※フリッカー・・・固視標を点滅させて、ちらつきを感じなくなった時のその点滅の頻度を言う。具体的には、機器の筒の中をのぞき、光の点滅の有無を答えるというもので、両眼で約5分程度の検査。フリッカー値が低いほど視神経の機能低下を表し、眼精疲労の度合いと相関するとされる。) 

 

◇非装用グループ
実験前:42.65⇒実験後:38.953.70低下※両目平均)
◇装用グループ
実験前42.05⇒実験後40.451.60低下

 

⇒装用グループの方が、低下率が抑制される結果となった。

 

また、装用者の眼の不具合(ピントの合わせにくさ、光の眩しさ、線を目で追いづらい)などの症状が改善されたという報告もあります。

 

最後に

 

青色光カットレンズには、極端に透過率の下がる(レンズ越しに暗い)ものもありますが、これを装用して長時間ディスプレイ作業を行うと疲れ目を引き起こすなどの影響があるようですので、選ぶ際には出来るだけカット率やドライアイ対策レンズなどメーカーによって試験が行われたものを選ぶ方が良さそうです。また、レンズだけでなく、ディスプレイライトの照度を調整するなどの工夫も必要だとされています。

 

(photoby://pixabay.com/ja/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%8D-%E8%AA%AD%E3%81%BF%E5%8F%96%E3%82%8A-%E5%AD%A6%E3%81%B6-%E6%9C%AC-%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88-%E8%9B%8D%E5%85%89%E3%83%9A%E3%83%B3-%E3%83%9A%E3%83%B3-%E7%9F%A5%E7%9A%84-272399/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

加齢黄班変性症に関する記事

知っておきたい、加齢黄斑変性症の手術はどんなもの?

  加齢黄斑変性症の治療では状況を見て手術治療を行うこともあります。 加齢黄...

iPS細胞の移植手術!これで病気が治る?今回の移植手術の意味

   i PS細胞を使った初の移植手術が行われました。この移植手術について、詳し...


加齢黄斑変性症とはどんな病気か?

    加齢黄斑変性症とは?   皆さんは、加齢黄斑変性症という病気...

世界初!期待されるiPS細胞の臨床実験、実際の移植手術はどのように行われたの?

   先日、iPS細胞の世界初の人工移植が行われたというニュースが報道されました...

カラダノートひろば

加齢黄班変性症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る