カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 基礎知識 >
  5. ぜんそくや副鼻腔炎!!花粉症に合併する病気

アレルギー

ぜんそくや副鼻腔炎!!花粉症に合併する病気

 

花粉症に合併しやすい病気があります。花粉症の症状と重複して現れることがあるので、鑑別には注意が必要です。

  

ぜんそく 

ぜんそくは花粉症と同じアレルギー性疾患に分類されます。あるアレルギー疾患をもつ人は、アレルギー体質といい、そのほかのアレルギー疾患も合併しやすい状態にあります。

 

ぜんそくの炎症部位

気管支や肺などの下気道と言われる部位です。一方、花粉症は鼻やのどの上気道に炎症がおきます。

 

ぜんそくの主な症状

呼吸困難、せき、たんなど

 

こんな時、合併が疑われる

・花粉症の症状に激しいせきを伴うようになった。

・そのせきが花粉症の時期が過ぎても治まらない。

  

副鼻腔炎 

アレルギー性鼻炎や花粉症の患者さんは、健常な人よりも高い割合で副鼻腔炎にかかります。

 

合併しやすい理由

・鼻の粘膜が感染に弱くなっているため

・鼻の粘膜が花粉症の炎症で腫れた状態にあるので、副鼻腔に溜まった膿が、出てこられなくなるため

 

こんな時、合併が疑われる

・花粉症の時期が終わってから、鼻汁に膿が混じる

・鼻づまりだけではなくて、頭重感、頭痛を感じる

 

治療法

副鼻腔炎を合併した場合には、花粉症の治療をしても鼻の症状は改善しないので、まず、副鼻腔炎の治療からはじめなければなりません。

 

抗生物質の治療で、かなり改善する事が可能です。ただし、副鼻腔の炎症が治まるまで一定の服薬期間が必要です。もしも抗生物質治療が、あまり有効でない場合は手術をする場合があります。

 

滲出性中耳炎 

滲出性中耳炎とは、鼻の奥にある耳管がつまってしまう病気です。耳管とは中耳腔(耳の奥にある空間)と鼻とをつなぐ管で、ここがつまってしまうと中耳に水がたまり、耳が聞こえにくくなります。

 

こんな時、合併が疑われる

・耳がつまった感じがする

・聞こえにくくなった

 

治療法

中耳腔の中に水がたまっているようなら、ぬいてもらいます。耳鼻科に相談しましょう。

 

これらの疾患は放っておくと、どんどん悪化していってしまう可能性があります。合併が疑われた場合は、早めに病院にかかりましょう。 

(Photo by : //www.ashinari.com/

著者: 近藤雄太さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

花粉症と自律神経・白血球の関係

  免疫機能は様々な物質が複雑に関係しています。その中でも重要なもののひと...

花粉症の無い県!?

  唯一「花粉症が無い県」と言えるのが沖縄。 スギやブタクサといった花粉症の...


日本人の2人に1人は花粉症になる可能性がある

■花粉症の定義花粉症をシンプルに定義すると「花粉が原因となって起こるアレルギー疾...

秋のくしゃみ・鼻水…これって風邪?花粉症?それぞれの症状の違いを、各症状でチェック!

   秋になってだんだんと寒さを感じる日が増えてくると、くしゃみや鼻水が止まらな...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る