カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腹部 >
  4. 機能性ディスペプシア >
  5. 機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)は漢方で治療!

気になる病気・症状

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)は漢方で治療!

 

機能性胃腸症の方は、自律神経のバランスを崩している事がほとんどです。治療には長期的な時間が必要で、最近、漢方薬が非常によく使用されています。

 

漢方薬は病気を直接治す薬ではありませんが、ゆっくりと体質を改善する事が可能で、人間が本来持っている自然治癒力を高め病気を改善してくれます。機能性胃腸症も体質を改善する事で、胃腸の機能を改善する事ができ、治療が望めます。

 

 

漢方医学では、胃もたれは「気」が不足した気虚や「気」の巡りが悪くなった気鬱(きうつ)、「水」のバランスが悪くなった「水毒」が関係して生じる症状と考えています。

 

『六君子湯』

機能性胃腸症に対する、第一選択薬として用いられていています。六君子湯の効果には、胃の蠕動運動を正常化させる作用や「グレリン」という食欲増進ホルモンを増やす作用などが関係すると報告されていて、今後、さらに解明されると思われます。

 

『人参湯』『四君子湯』

冷え症の人にお勧めの漢方薬です。

冷え症の人は特に消化機能が低下しており、胃もたれの症状が強く出ます。
胃もたれの症状に効果的で、胃のむかつきや胃の排泄機能を高める作用、食欲に関連するホルモンを活性化する効果があります。

 

『半夏瀉心湯』『安中散』

機能性胃腸症の治療に多く使われる漢方薬です。

胃のむかつきや胃の痛みの症状がある方に効果があります。
体質によって相性が難しい漢方薬なので、服用する場合は必ず医師か専門医の診断を受けるようにしましょう。

 

『柴胡』

抗ストレス作用のある漢方です。

機能性胃腸症の原因ははっきりと明らかにはなっていませんが、精神的なストレスが原因ではないかとされています。

 

 

漢方薬は、最低でも半年は飲み続けなければ効果が期待出来ないものです。
しかし、副作用のデメリットも少なく、機能性胃腸症のみならず他の不調も総合的に改善してくれるのでお勧めの治療法です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/09/30-350691.php)

著者: 近藤雄太さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

機能性ディスペプシアに関する記事

日本人の4人に1人?機能性ディスペプシアの原因

日本人の4人に1人は罹患していると言われ注目されている機能性ディスペプシア。そ...

機能性ディスペプシアと鑑別すべき疾患

機能性ディスペプシアは「食後の胃もたれ」や「みぞおちの痛み」が見られる疾患です...


機能性ディスペプシアの治療は生活改善~胃に優しい食事を!

機能性ディスペプシアは、原因の特定できない胃の痛みや胃もたれ等の症状のある病気...

機能性ディスペプシアの治療薬の副作用について

  機能性ディスペプシアの治療のメインは薬物療法です。 まずは病院に行かず、市...

カラダノートひろば

機能性ディスペプシアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る