カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. スポーツで半月板を損傷した場合、半月板損傷だけでなく他の膝外傷と一緒に起こりやすい!?

気になる病気・症状

スポーツで半月板を損傷した場合、半月板損傷だけでなく他の膝外傷と一緒に起こりやすい!?

 

ジャンプやダッシュといった運動は、足に大きな負担をかけています。その負担を軽減させるために足関節には様々な工夫がなされています。

そのひとつが膝のクッション材の役割をする半月板です。

半月板は三日月形をしていて、膝関節を安定させて、膝にかかる衝撃を和らげる役割をしています。

この半月板はスポーツや加齢などによって損傷されることがよくあります。

 

半月板が損傷されると…?

半月板の損傷はスポーツでは比較的起こりやすいケガなのですが、一度損傷されると修復されにくいという特徴を持っています。

というのも半月板はそのほとんどが水分で構成されており、残りはほぼコラーゲンで出来ている上、血行が乏しいため新しい栄養が届きにくいのです。

そのため、一度大きく損傷されると手術によって治療をすることが必要になります。

 

スポーツで半月板を損傷した場合、半月板損傷だけでなく…

スポーツで半月板を損傷するケースでは、半月板を単独で損傷するよりも前十字靭帯や内側側副靭帯の損傷を同時に起こすことが多く、その割合は半月板損傷を起こしたときの6割ほどとも言われています。この場合関節軟骨の損傷が同時に起こることがあり、その場合には注意が必要です。

また、この逆のケースもあります。前十字靭帯を単独で損傷し、その後遺症で膝関節が緩み、それに伴って半月板が徐々に損傷していくというケースです。前十字靭帯損傷もスポーツではよく見られるケガですので、それと併せて半月板自体のケガの数も増えるのです。

 

膝関節は足関節以上にあしで体を支えるときの衝撃を分散させる重要な役割をしています。特にスポーツとなるとその重要性が増しますから、ケガを負ったときに適切な治療を受けることが大切です。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/09/08-350209.php?category=281])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膝に関する記事

地面や床の状態や靴にも要注意!腸脛靭帯炎「ランナーズニー」の原因をシャットアウト!

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)「ランナーズニー」を発症する人が増えていま...

半月板損傷の最近の手術とは?半月板損傷の基本知識

ひざのケガである半月板損傷ですが、具体的にはどのような症状がみられ、診断・治...


投球動作で起こる野球肩って?野球方の2つの原因

  野球のボールを投げて肩が痛くなり、病院に行くと野球肩と診断されたという人も...

膝の酷使が原因で起こる!?腸脛靭帯炎の原因になりやすい身体的要因とは?

膝や足の付け根に痛みを生じる腸脛靭帯炎は、主に膝の酷使が原因で起こります。しか...

カラダノートひろば

膝の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る