カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. 半月板損傷の診断、確定診断には切開が必要?!

気になる病気・症状

半月板損傷の診断、確定診断には切開が必要?!

 

スポーツで生じるケガの中に、半月板損傷というケガがあります。半月板は膝関節にあり、太ももの骨と脛の骨のジョイント部分にあります。膝関節が活発に動くにはこの半月板を欠かすことができません。

 

半月板は一度損傷すると自己回復しにくいため、場合によっては積極的に手術が必要になることもあります。この半月板の治療には整形外科を受診します。

 

●診断

半月板の診断にはどのような手順を踏むのでしょうか。

 

・問診、診察

…膝を痛めたきっかけや、症状がどのような過程をたどっているかといった確認とともに、その時見られている痛みや、腫れなどといった症状を確認します。

 

・X線検査

…半月板の損傷自体はX線検査では確認することはできませんが、半月板の損傷に伴って周辺の骨が損傷していないかどうかを確認するためにX線検査が必要になることがあります。

 

・MRI検査

…現在の医療では半月板損傷の状態を調べるにはMRI検査が最も有効と言われています。その診断率も9割以上と非常に高く、信用度が高い検査です。MRI検査は半月板損傷の有無だけでなく、その病態や合併している恐れの圧じん帯損傷の診断にも有効です。

 

●診断と治療を兼ねて

MRI検査において半月板損傷が疑われた場合には、関節鏡検査を行います。

関節鏡検査とは小さく切開した隙間から関節鏡を膝関節へ入れ、膝関節の内部の状態をモニターに映し出しながら観察する検査です。

これによって確定診断がなされ、さらに損傷の程度によっては、縫合できるものは縫合し、縫合できない場合には痛んだ部分のみを切除する手術を行います。

 

全ての人が半月板を損傷したからと言って手術をするというわけではなく、あくまでも手術は最終手段です。その他症状によっては保存療法などが勧められます。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/29-349551.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膝に関する記事

半月板損傷の最近の手術とは?半月板損傷の基本知識

ひざのケガである半月板損傷ですが、具体的にはどのような症状がみられ、診断・治...

もしかしてこの症状ってスポーツ障害?半月板損傷の症状は○○だ!

どのスポーツでも多く起こるスポーツ障害に、膝の半月板損傷があります。半月板損傷...


スポーツでヒザにケガ…半月板損傷の保存療法ってどんな治療?

  膝は俊敏な動きを生み出すためには欠かすことのできない場所ですが、その分大き...

腸脛靭帯炎「ランナーズニー」の症状を知ろう!初期から慢性化まで

 腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)は徐々に症状が悪化し、やがて慢性化するス...

カラダノートひろば

膝の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る