カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 運動療法 >
  5. 注意点 >
  6. こんな人は運動療法を行っては危険!行ってはいけない場合は?

生活習慣病

こんな人は運動療法を行っては危険!行ってはいけない場合は?

生活習慣病によって、高血圧や肥満症、糖尿病などに悩まされている人は、食事療法や運動療法を取り入れることによって改善を目指していきます。しかし、全ての人にこれらの療法が当てはまるというわけではありません。特に運動療法は、行ってはいけない人もいるのです。もし勝手な判断で運動療法を行ってしまうと、病状を悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

 

生活習慣病

主に乱れた生活習慣や食生活が原因でおきます。加齢やストレスなども影響しますが、睡眠不足や偏食、過労や暴飲暴食などにより、高血圧や肥満症、糖尿病になってしまうものです。これらを改善するには、食事療法と運動療法を取り入れることが多いです。

 

運動療法を行ってはいけない人

運動療法を行ってはいけない人は、重度の疾患がある人です。運動することによってかえって症状を悪化させてしまったり、合併症を引き起こす可能性もあるので、自分が当てはまっているかどうか、確認する必要があります。

 

  • 重度な高血圧:脳卒中を引き起こす可能性がある
  • 眼底出血:症状を悪化させる
  • 高血圧&心臓肥大:心臓への負担が大きくなる
  • むくみ:心不全をおこしやすい
  • 冠動脈の異常:狭心症や心筋梗塞の恐れがある
  • 腎機能低下&尿たんぱく:心臓への負担が大きくなる

 

生活習慣病などにとって運動療法は効果の期待できる療法です。しかし、やり方を間違えていたり、自己判断で行っていたのでは効果が下がるだけでなく、病状を悪化させることにもなりかねません。食事療法や運動療法は、医師の診断を受けてから、医師の指導の下、正しい方法で行うのがよいでしょう。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20120641165post-1582.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

高血圧改善に運動を始めたい…運動療法の注意点とは?

  高血圧を治すためには、食事療法とあわせて運動療法を行うと非常に効果があ...

真夏、真冬の高血圧運動療法の注意点

  運動の基本は毎日、でなくても週に3-4回は行うこと、つまり続けることに意味...


高血圧改善のための運動療法・・・運動で気をつけることは?

  生活習慣病や高血圧で、運動療法を指導されることがあります。特に高血圧に...

高血圧改善のための運動をするなら時間帯にも気をつけて!

  高血圧改善のために運動をしようと思ったら有酸素運動、無酸素運動を組み合わせ...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る