カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. 正しい運動で腰椎分離症を防ぐ!

関節痛・腰痛

正しい運動で腰椎分離症を防ぐ!

腰痛に悩まされレントゲンを撮ったら、腰椎分離症だと診断される人も多いようです。腰椎分離症とは、腰椎の骨を構成している部分の骨が切れてしまった状態で、腰の疲労骨折とも言われています。それではどうすればこの腰椎分離症を防ぐことができるのでしょうか?

 

原因が明確ではない

腰椎分離症の原因は以前、生まれつき骨のつくりが弱い人に見られるものだといわれていました。しかし近年では、スポーツ医学の発達にともない、スポーツとの関係が原因のひとつではないかと言われるようになってきました。

 

幼少期の激しいスポーツ

子供は運動が大好きです。特に地域のスポーツクラブや学校などの部活動が盛んなところでは、幼少期からかなり激しい運動をすることもあります。全国大会や世界大会、将来はオリンピック選手などを目標にしている子供達は、多くの時間をそのスポーツに費やしていることも少なくありません。子供の頃に運動やスポーツをすることはとても良いことです。しかし過度の運動は子供の体に大きな負担をかけることになります。それが積み重なると、腰椎分離症になることもあるのです。

 

正しい運動やトレーニングが大切

子供の体はまだ発達途上です。骨も筋肉も成人になるまで成長を続けています。その段階で体に大きな負担を与えるような激しい運動やスポーツは、後に腰椎分離症などを引き起こす原因となってしまうこともあります。運動が悪いのではありません。その方法や負荷のかけ方に問題があるのではないでしょうか?腰椎分離症になってしまうと、コルセットを着用して腰の負担を軽減させたり、激しい運動を控えることでそれらの症状を回復させるしか方法がありません。だからといって子供に運動をするなとは言えません。でしたら、子供の体に合った運動やスポーツ、トレーニング方法などを考えて、子供の体に負荷のかからないようにしてあげるのが最適ではないでしょうか。

 

合理的なトレーニングで筋肉をしっかり鍛え、バランスの取れた体を作ることで、子供の体に負担をかけることを少なくしてあげるようにしましょう。 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20111011285post-759.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

ぎっくり腰(急性腰痛)の原因とは?

ぎっくり腰とは急性腰痛のことであり、その急性腰痛を引き起す原因には様々なものが...

ぎっくり腰は「よっこらしょ」の掛け声で予防

  何の前触れもなく突然起こる激痛、それが「ぎっくり腰」です。 ぎっくり腰と...


若者の慢性腰痛の原因は腰痛不安定症?

    若い内から慢性腰痛を患い、まるで老人のように腰を気にして動作をす...

飲酒による関節痛は脱水症状による痛風?

    過度の飲酒によって発生する関節痛は、アルコールの強力な利尿作用に...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る