カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 不眠症 >
  4. 不眠症の簡単なセルフチェック

不眠・睡眠障害

不眠症の簡単なセルフチェック

不眠症かもしれない、と思った時にはまずセルフチェックをしてみるのが良いです。

 

●不眠症のセルフチェック

不眠症のセルフチェックは、今ではインターネットの検索でも出てきます。

セルフチェックという言葉からもわかるように、自分で簡単に病気をチェックできます。

ただし注意したいのは、確実にその病気であるかどうかはわからないということです。

不眠症のセルフチェックを行って不眠症の可能性が高いと出たとしても、実際に病院に行くまでは不眠症かどうかはわかりません。

不眠症のセルフチェックは、参考までに考えてください。

 

●アテネ不眠尺度

アテネ不眠尺度は世界保健機構が作成したもので、不眠症のセルフチェックに使える尺度です。

全ての質問において0点から3点で点数をつけ、全ての質問に答え終わった後に点数を足して不眠度を見ていきます。

それでは、実際にアテネ不眠尺度による不眠度チェックを行ってみましょう。

 

●不眠症セルフチェック

まず、寝つきはどうでしょうか。

良い場合は0点、少し良くないなら1点、時間がかかるなら2点、眠れないなら3点で点数をつけてください。

同様に、

●以下の質問についても問題がない・その現象がないなら0点

●少々問題がある・たまにその現象があるなら1点

●かなり問題がある・よくその現象があるなら2点

●大きく問題がある・その現象に悩まされているなら3点とします。

 

・夜間睡眠中に目が覚めて困ったことがありますか。

・朝早く目覚め、それ以上眠れないことはありますか。

・総睡眠時間は足りていますか。

・睡眠の質はどうですか。

・日中の気分はどうですか。

・日中の活動はどうですか。

・日中の眠気はどうですか。

 

これら8つの質問に答えて、総合した点数が6点以上になった場合は睡眠障害の疑いがあります。

 (Photo by:足成)

著者: 勇太さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不眠症に関する記事

入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害…不眠症の4つのタイプについて

   不眠症には4つのタイプがあります。今回は不眠症の4つのタイプと、それぞれ...

認知行動療法が不眠症に効く?!不眠を改善するためにどのように認知行動療法が行われるの?

神経症の治療などに使われるのが認知行動療法で、不眠症の治療にも用いられています...


あなたはどの不眠のタイプ?入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害…

不眠は個人の生活の質(QOL)や健康をも侵しかねません。 かつては、不眠と生活...

日本人の平均睡眠時間は短い!!不眠症は日本の国民病?!

現在日本では睡眠に問題を抱える人が増え、不眠症が国民病であるといわれています...

カラダノートひろば

不眠症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る