カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. 運動している男の子に多い?「成長痛」や「スポーツ障害」、オスグッド病とは?

関節痛・腰痛

運動している男の子に多い?「成長痛」や「スポーツ障害」、オスグッド病とは?

「オスグッド病」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?オスグッド病とは、思春期の男児に多く見られる膝下の痛みです。特にスポーツをしている子供に多く見られるため、「成長痛」や「スポーツ障害」と言われることもあります。

 

原因は過度のスポーツ

男の子ならば、野球やサッカー等に興味が出てくるのは当然のことです。スポーツクラブや部活動などで、野球やサッカーに熱心に取り組んでいる男の子は多いと思います。しかしこのような子供の頃の激しい運動が、オスグッド病になる原因となってしまうこともあるのです。成長過程の子供の体はとてもデリケートです。この時期に激しいスポーツで体に負荷を与えることや、同じ動作を繰り返し行うことで、骨や腱、筋肉に負担を与えることが、オスグッド病などのスポーツ障害を引き起こす原因となってしまいます。

 

オスグッド病になりやすい子供

  • 激しいスポーツを常に行っている
  • 疲労を回復させる時間がない
  • 運動前の準備運動やストレッチをきちんと行っていない
  • 体が固い
  • 同じ動作を繰り返し行っている
  • 片方の足に負担がかかっている動作が多い

 

オスグッド病は膝の痛み

走る・跳ぶ・蹴るなどの動作を行うときに太ももの筋肉が使われます。この動きは膝の皿と連動しているので、膝の皿についていて動かす膝蓋靭帯が繰り返し動かされることになります。繰り返しこの動作を行うことで膝蓋靭帯が炎症を起こしそれが酷くなると、頸骨粗面の軟骨に異常が生じオスグッド病になるのです。オスグッド病による膝の痛みは、膝だけが原因ではなく、偏ったからだの動きや使い方によって、その膝に不自然な負荷がかかってしまうことが原因でもおこります。特にサッカーなどは蹴る足と軸足があり、いつも同じ足を蹴り足、軸足にしているため、オスグッド病になりやすいといわれています。

 

スポーツでは両利きでない限りは、片方に負荷がかかってしまうのは当然です。オスグッド病に多いといわれているサッカーも、蹴り足と軸足に常に同じ足を使ってしまうのもしかたないでしょう。しかし、これらの偏った動きが原因になってしまうので、できるだけ両方の足を均等に動かせるような動きを多く取り入れたりすることも大切です。また日常生活などで負荷がかかっていないほうの足を多く使うようにするなど、バランスの取れた動きをしていくことが必要となります。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20120621159post-1556.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

身体を鍛えるほどにます関節痛リスク

    若い世代の方は特に、身体を鍛えれば鍛えるほど頑丈となり、健康にな...

免疫機能が関節を破壊する?!関節リウマチの原因と症状について

  ウィルス性の発熱やアルコール過剰摂取、そして関節の損傷などが関節痛の発...


飲酒による関節痛は脱水症状による痛風?

    過度の飲酒によって発生する関節痛は、アルコールの強力な利尿作用に...

ヘルニア予防に生活を改善しましょう

  関節痛・腰痛ヘルニアで悩んでいる方が、最近とても多く感じられます。食生活や...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る