カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 対処法 >
  5. その他 >
  6. 痛くなったら無理はしない!野球肩の予防と対策

関節痛・腰痛

痛くなったら無理はしない!野球肩の予防と対策

日本における野球競技人口は、とても多いです。少年野球からリトルリーグ、高校野球やプロ野球まで、幅広い年齢層が野球をプレイしていることがわかります。そのため野球独自の障害「野球肩」というものが存在します。野球肩とは、投球フォームなどにより発生するスポーツ障害です。野球肩にならないためには?もし野球肩になってしまったら?野球肩の予防と対策を理解しておくことも大切です。

 

野球肩の予防には?

どのスポーツもそうですが上手くなるには反復練習が不可欠です。野球においてもそれは同様で、特に投球などは何度も投球練習を繰り返すことでフォームを完成させたりします。しかし子供の体にはこの反復練習が過度すぎると、怪我や野球肩などのスポーツ障害の原因となってしまいます。過度の負荷や、投げ込み練習を行いすぎることは控えるようにしたほうがよいでしょう。

 

野球肩の痛みが出たら?

野球肩の痛みが出てしまったら、投球練習をしないで肩を休めることが一番の治療方法です。痛みを我慢して行うことは、競技を長く続けることにおいてもマイナスでしかありません。練習前のストレッチや練習後のアイシングなどを行うようにして、少しでも肩への負担を減らしたり、回復を早める努力をしましょう。

 

筋肉の付き方と投球フォーム

野球肩になる子供はまだ筋力が発達していないことが原因となっているようです。無理な投げ込みを多く行うよりは、肩周りの筋肉を付けるトレーニングを行ったり、肩だけに負担がかからないように、体のほかの部位に筋力をつけることも必要です。また、投球フォームが間違っていたり、ボールを投げる動作が一連していない、肩だけや腕だけを使って投げているなど、投球フォームによっても野球肩になりやすくなる場合があるようです。ただ闇雲に投球練習するのではなく、正しい投球フォームを身につけることも大切です。

 

スポ根に代表される野球。子供の頃練習をしすぎて、肩を壊してしまったなどという話もよく聞きます。指導する側も、子供の体に見合った練習方法というのを考えなくてはならないのではないでしょうか?

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20110526144post-142.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

ジャンプ膝でも運動したい!ジャンプ膝の予防と対処法

子供が激しい運動やスポーツで体へ負荷を与えると、スポーツ障害がでることがあり...

野球肘「上腕骨内側上顆炎」とは一体なに?原因は?

野球を長年していて、「肘を壊した」という表現をよく聞くことがあります。これは...


腰痛対策が効かない…もしかしたら内臓疾患かもしれません!

  腰痛には、内臓疾患が原因で起こるものもあります。腰痛対策を施しても改善...

腰痛リハビリの基本!腰痛を改善する2つのストレッチを覚えよう

腰痛は多くの方が一度は体験したことのある、つらい症状の一つです。 そんな腰痛を...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る