カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 対処法 >
  5. その他 >
  6. 野球肘「上腕骨内側上顆炎」とは一体なに?原因は?

関節痛・腰痛

野球肘「上腕骨内側上顆炎」とは一体なに?原因は?

野球を長年していて、「肘を壊した」という表現をよく聞くことがあります。これは、野球によって肘を痛めてしまって野球が出来なくなったことを意味します。正式名称は「上腕骨内側上顆炎」(じょうわんこつないそくじょうかえん)といいます。いったいどのような症状なのでしょうか?

 

野球肘とテニス肘は同じ

野球肘とは、野球の投球のしすぎが原因でおこる肘関節部位の炎症です。野球以外のスポーツでも同じように肘を駆使するスポーツには多く見られるスポーツ障害であり、テニスで同じ炎症が起きた場合は「テニス肘」といいます。症状は、しびれや痛み、関節のロッキングにより投球などの動作に支障をきたすものです。肘に負担のかかるスポーツにはおきやすいスポーツ障害といえるでしょう。

 

原因は?

野球肘の原因は、スポーツ障害の原因と同様、肘の使いすぎです。無理な動作や反復運動により肘に負担がかかりすぎたことが原因とされています。また、投球フォームが乱れていたりすると肘への負担が大きくなり、野球肘になりやすいといわれています。

 

痛みを我慢したり放置すると選手生命の危険性が

特に高校野球などを行っていると、少しの痛みなど我慢して行っているという子供も多いと思います。しかし、この我慢が将来の夢を奪ってしまうことにもなってしまうのです。野球肘は肘に力を入れたり曲げ伸ばしをする際に痛みが生じます。これは無理に筋肉によって引っ張られたりしたことによって、肘の骨が炎症を起こしているからです。中には骨が欠けてしまい、剥離骨折や骨端線離開の可能性もあります。早めに専門医を受診して治療を行うようにしましょう。

 

痛いときは無理はしない

野球を熱心に行っていれば行っているほど、痛みを我慢してプレイしてしまいがちです。しかし、野球肘などは思春期などまだ骨や筋肉が完成していないことが原因で、負荷がかかりやすくなって傷めてしまっているので、早期に休ませ炎症部位を回復させられれば、比較的簡単に治すことができます。無理をしても症状が長引くだけでなく、さらに悪化する可能性もありますし、それが原因で野球を続けられない、などというリスクも出てきます。痛いときは無理をせず休ませることが一番の治療方法だと理解しておきましょう。

 

野球肘も、無理な負荷運動や発達途上の体が原因でおきます。運動前の入念なストレッチ負担がかからないように筋力をつけたり、運動後のアイシングなどで症状が和らげると、予防にもつながります。痛いときには無理は禁物です。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20110613152post-190.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

梅雨時期の関節痛のちょっとした予防‐辛い時期を乗り越えるコツ‐

  梅雨時になると体のあちこちが不調になり、特に昔の傷跡が疼くなどと、ニヒ...

腰痛対策には『冷却』『温熱』どちらが有効?

  腰痛の正しい処置方法とは?   『腰痛』は、多くの方が一生に一度は...


腰痛対策が効かない…もしかしたら内臓疾患かもしれません!

  腰痛には、内臓疾患が原因で起こるものもあります。腰痛対策を施しても改善...

痛くなったら無理はしない!野球肩の予防と対策

日本における野球競技人口は、とても多いです。少年野球からリトルリーグ、高校野...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る