カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 基礎知識 >
  5. 花粉症と勘違い!?肺炎などの危険な病気

アレルギー

花粉症と勘違い!?肺炎などの危険な病気

 

花粉症の主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみです。

 

しかし、後鼻漏と呼ばれる喉に流れる鼻汁により喉がイガイガしたり、咳や痰が出ることもあります。また、頭痛や頭重感、微熱やだるさなどの全身症状を呈する場合もあり、意外に多彩な症状がみられます。このため、重症疾患が隠れていても、花粉症と勘違いしたため、発見が遅れてしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

急性気管支炎:重症度☆☆

[症状]

痰を伴う咳がみられます。

 

[治療]

鎮咳薬、去痰薬、消炎薬などが対症療法として使われます。
原因微生物に対する特有な治療は、マイコプラズマやクラミジアは、マクロライド系やテトラサイクリン系が有効です。また、ニューキノロン系の抗菌薬も有効です。

 

肺炎:重症度☆☆☆

[症状]

せき、発熱、胸痛、呼吸困難などです。

 

[おこりやすい人]

高齢者、子供

 

[治療]

治療が遅れると、重症化し命にかかわることもあります
肺炎が疑われる時は、早めに病院・診療所を受診して治療を受けることが重要です。

原因菌に対する薬物療法がメインです。体力・抵抗力を高めるためにも、保温して安静にします。

 

 

結核重症度☆☆☆

[症状]

全身倦怠感、食欲不振、体重減少37℃前後の微熱が長期間にわたって続くなど非特異的です。咳嗽は伴うことも伴わないこともあり、また血痰を伴うことがあります。

 

[治療法]

多剤併用化学療法を行います。治療は数か月にわたり、長丁場となります。

 

[結核が強く疑われたら]

抗生剤を内服しているにもかかわらず、2週間以上咳と痰、微熱が続く場合は結核を疑い、最寄りの呼吸器科医のいる病院・診療所ないしは独立行政法人国立病院機構を受診します。診察を行った医師は種々の検査結果も総合して、受診者を結核発病者と診断した場合、結核予防法に基づき2と日以内に最寄りの保健所に届け出ます。

 

「今花粉症の時期だから花粉症だろう」と勘ぐっては命取りになるかもしれません。これらの疾患が疑われたら、速やかに病院にかかることが大切です。

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC-%E5%86%B7-%E7%97%85%E6%B0%97-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%81-%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87-18656/)

著者: 近藤雄太さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

花粉症で皮膚がかゆくなる?

  花粉症で「かゆい」と言えば目ですが、花粉によって肌のかゆみが起こること...

腸内環境の変化が花粉症の原因?!

  「花粉症には、この食べ物が効く」などというキャッチコピーを見たことはあ...


あなたのペットは大丈夫?花粉症を発症する動物たち

  花粉症は人間にだけ起こるものではありません。 近年では猿や犬の発症例...

秋のくしゃみ・鼻水…これって風邪?花粉症?それぞれの症状の違いを、各症状でチェック!

   秋になってだんだんと寒さを感じる日が増えてくると、くしゃみや鼻水が止まらな...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

基礎知識の記事ランキング

人気体験談ランキング

アレルギーのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る