カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腹部 >
  4. 機能性ディスペプシア >
  5. 機能性ディスペプシアと鑑別すべき疾患

気になる病気・症状

機能性ディスペプシアと鑑別すべき疾患

機能性ディスペプシアは「食後の胃もたれ」や「みぞおちの痛み」が見られる疾患です。これらの症状がみられたとき、機能性ディスペプシアと鑑別すべき病気をあげてみます。

 

食後の胃もたれ

●胃がん

胃もたれ、食欲不振、胃痛などの症状がみられます。

胃がんが進行すると胃の内部で出血が起こり、吐血や黒い便が出ます。

胃炎、胃潰瘍などの病気が発展して胃がんになると言われていますので、胃の疾患が心配される方は、なるべく早めに医療機関を受診し適切な治療を受けることが重要です。

 

●胃酸過多

胃酸が必要以上に分泌される病気で、原因としてはストレスが多く挙げられています。

胃もたれのほかには酸っぱいゲップ、口臭、嘔吐、嘔気といった症状がみられます。

 

●胃下垂

胃が下腹部まで下がっている状態を胃下垂と言い、痩せている人に多くみられます。

少し食事をしただけで満腹になり、食後に胃もたれを感じます。

 

みぞおちの痛み

●胃潰瘍

ピロリ菌や非ステロイド性消炎鎮痛剤の影響、ストレス、急性胃炎の悪化や慢性胃炎を繰り返すことが原因となって、胃の粘膜や胃壁が局所的に欠損する疾患です。胃潰瘍は胃に入った食べ物が潰瘍を刺激して痛むので、食事中から食後の痛みが多くなります。

 

●食中毒

腹痛とともに、吐き気や嘔吐、発熱、下痢などの症状が急激に起こることがあります。

原因となる主な細菌は、生肉などに生息するカンピロバクター、鶏や卵などに生息するサルモネラ菌、生の魚介類などに生息する腸炎ビブリオ菌、人の皮膚の傷口などに繁殖する黄色ブドウ球菌などです。

毒素を含む食品には、ふぐ、きのこ、じゃがいもの芽などがあります。

 

●膵炎

急性膵炎の多くは、胆石症やアルコールの乱用が原因です。膵炎を引き起こす人の大部分がみぞおちの辺りに起こる激痛に苦しみます。そしてこの痛みは背中に突き抜けるほどに発展します。他に吐き気や嘔吐、発熱をともないます。

 

●心筋梗塞

心筋の一部が壊死してしまうことから、死に至ることもあります。突然、胸やみぞおちに激痛が起こり、吐き気や冷や汗などもみられ、胸の痛みは30分から数時間続きます。これに高血圧や糖尿病、肥満、喫煙などが重なるとリスクが高まります。

 

機能性ディスペプシアは、検査所見で異常が見られない特徴があります。ほかの疾患を除外する鑑別診断が特に重要となる病気です。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●急に起こる胃痙攣のメカニズム

 

(Photo by://pixabay.com/)

著者: 近藤雄太さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

機能性ディスペプシアに関する記事

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)は漢方で治療!

  機能性胃腸症の方は、自律神経のバランスを崩している事がほとんどです。治療に...

会社員Aさんの胃にやさしい生活~機能性ディスペプシアの治療~

機能性ディスペプシアの場合にはどのように一日を過ごすと良いのでしょうか。機能性...


日本人の4人に1人?機能性ディスペプシアの原因

日本人の4人に1人は罹患していると言われ注目されている機能性ディスペプシア。そ...

機能性ディスペプシアの治療は生活改善~胃に優しい食事を!

機能性ディスペプシアは、原因の特定できない胃の痛みや胃もたれ等の症状のある病気...

カラダノートひろば

機能性ディスペプシアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る