カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 性病(STD) >
  5. 基礎知識 >
  6. 女性なデリケートな部分に発症する病気…尖型コンジローマと外陰ヘルペス

女性のカラダの悩み

女性なデリケートな部分に発症する病気…尖型コンジローマと外陰ヘルペス

女性の陰部はデリケートな部分ですが、その陰部に様々な病気が発生する場合があります。特に外陰部にできものが発生した場合は病気のサインであると考えたほうが良いでしょう。

以下では、外陰部のできものが見られる病気の代表的なものとして、尖型コンジローマ・外陰ヘルペスについて見ていきましょう。

 

尖型コンジローマとは

尖型コンジローマとは、ヒトパピローマウイルスに感染することで起こる代表的な性行為感染症の一つです。この病気にかかるためには、ヒトパピローマウイルスに感染する部分が皮膚の表層部分の細胞ではなく、深層の細胞に感染する必要があります。

 

そのため、この症状が発生する部位としては、外陰部・子宮膣部・尿道口・肛門付近があります。なぜなら、性行為によって表面の皮膚が摩擦によって傷つけられることで、このウイルスがより深層の細胞に感染するリスクが高まるからです。

 

外陰ヘルペスとは

この病気は単純ヒトヘルペスウイルス1・2型に感染することで発症する病気です。この病気の代表的な症状としては、疼痛・排尿が困難になること・外陰部や膣に潰瘍や水泡ができること、そして発熱があります。

 

ウイルスの潜伏期は2日から1週間とされ、一度感染してしまうとウイルスが体内に潜伏し、性交や月経などの陰部への刺激があった場合、または、からだの抵抗力が低下している場合に、再発する可能性があります。

 

 

尖型コンジローマも外陰ヘルペスも、外陰部にできものができます。これらの症状が見られた場合は、できるだけ早く婦人科に行って検診を受けたほうが良いでしょう。

これらが将来の不妊リスクを高める原因にもなりますので、あまり過小評価せずに、きちんと対応することが重要となります。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/02/23-345592.php?category=247)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

性病(STD)の患者はどれくらいいるの?どんな病気が多いの?

  性病(STD)にかかったかもしれない、と思うとひどく恥ずかしくて病院に...

風俗でSTD(性感染症)に!?本当に検査している?風俗の裏事情

  STD(性感染症)は持っている人とのSEXによって、感染する病気です。日本...


性病(STD)にかかると出やすい症状を知っておこう

  性病(STD)は誰にでもかかる可能性があります。たとえパートナーがひと...

SEXによって感染する病気STD~熱や下痢でもSTDに感染している可能性がある!

STDといえば、SEXによって感染する病気のこと。有名なのはおりものが増えた...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る