カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 家事 >
  5. 旦那さんができること つわりの際に家事を手伝おう!

妊娠・出産

旦那さんができること つわりの際に家事を手伝おう!

悪阻は妊娠初期(おおよそ5週目から16週目)に発生する嘔吐や吐き気の症状です。また、匂いに対して敏感になるとされており、特にご飯のにおいがダメになる妊婦が多いと言われています。

そんなつらい状況にある中で、旦那さんをはじめ周囲はどのように妊婦を助けることができるでしょうか。家事に関してみていきましょう。

 

ご飯を炊くことは難しくはありません!

男性の中では一人暮らしをしていた人でも、自分でご飯を炊いたことのない人も多いかもしれません。しかし、ご飯を炊くことはそれほど難しいことではありません。

 

おおよそ5-10分程度で準備はできます。もし無洗米を使えば、より簡単です。確かにおいしいご飯を炊くためには、冬場は1時間以上水に浸しておくことができますが、その点は省略しても、今の炊飯器だとそこそこおいしいご飯が炊けます。

 

難しいとされる水加減も、炊飯器の内側に入れるべき水の分量が書いてありますので、それに従えばよいでしょう。ご飯のにおいが苦手な妊婦が多いので、この点だけ手伝ってあげても十分負担は減ります。

 

 

洗い物もできるだけ手伝ってあげてください!

妊婦は料理するのも一苦労です。悪阻で大変な中、キッチンに立ち、家族のために一生懸命料理を作ってくれているのですから、確かに仕事を終えて帰ってくる旦那さんはクタクタかもしれませんが、同じように奥様もクタクタになっているのです。

 

そのため、食後はすぐにソファに横になったり、テレビに夢中になったりせずに、食器をキッチンに持って行って、できることならその流れで食器を洗ってみたらどうでしょうか。また洗い物の量を減らす工夫も大事です。

盛り付けは大きな皿に一人ずつ盛り付けてしまえば、使うお皿の量も減ります。

 

 

ちょっとした工夫やいたわりの心を実践するだけで妊婦の方は精神的負担も軽減でき、結果として悪阻対策にもなるのです。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2014/02/01-385396.php?category=3)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

家事に関する記事

つわりを悪化させないために台所で気をつけること

    つわり中に苦手になったもの・場所として、常に上位に挙げられる「キッチ...

つわりの時こそネットをフル活用

  行動範囲が狭くなりがちな妊娠中、特につわりの時期は、ネットを大いに活用すれ...

家事の体験談

つわり中の家事は自分のペースで

つわり期間中の家事について。 食べつわりの私、仕事がやっとこさ終わり、青い顔でバスに揺られて帰...

つわり中の家事・・・ほとんど何もできず!

つわりが始まり、真冬ということもあったのでほとんど外出はせず、パートも休みをもらってずっと家でごろご...

カラダノートひろば

家事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る