カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 吐き気 >
  5. 重症化してからではもう遅い?病院に行くべき悪阻の症状とは

妊娠・出産

重症化してからではもう遅い?病院に行くべき悪阻の症状とは

妊婦にとって大きな試練の一つである悪阻は、妊娠5週目から16週目にかけて発生する吐き気や嘔吐の症状を指します。

 

これらは妊婦の多くがかかる症状で、通常は安静にするなどして悪阻の時期が終わるのをひたすら耐えるでしょう。

ですが、それでも悪阻の症状が重い場合は、病院に行くことを考えなければいけません。

 

つわりで病院に行く目安は?

それでは、悪阻の症状がどのくらいだと、病院に行って何らかの処置をしてもらうべきなのでしょうか?

以下の点が、病院に行くべき悪阻の症状として参考になります。

 

・水がぜんぜん飲めない

・3日ぐらい食べ物が一切のどを通らない

・一日に10回以上吐いてしまう

・体重が3-5キロ、自身の体重の10%程度減ってしまう

・脱水症状のためトイレの回数が急激に減った

・日常生活が送れない

 

以上のような症状がなくとも、どうしても我慢できないときには病院に行った方が良いでしょう。

悪阻には心因的な原因もあると言われており、お医者さんや看護師に自分のつらい状況についてしっかり説明して話を聞いてもらうだけでも、症状が軽減する場合もあります。

 

重症化した妊娠悪阻の場合は、入院する場合もあり、点滴による水分補給のほか、ビタミンや糖類などの栄養分も点滴投与されます。

 

吐き気や嘔吐の程度ですが、一般的に過去に出産経験のある妊婦の方が、初産を迎える妊婦よりも程度は軽いとされています。

また、双子や三つ子のような多胎妊娠の方が、程度が重いという一般的な傾向にあります。

 

つわりが辛ければ、早めに対応してもらおう

吐き気や嘔吐が悪阻の典型的な症状で、多くの妊婦は何とかその期間を我慢して送っていますが、我慢しすぎるのも考えものです。

辛くなった場合は早めに産婦人科に行き、状況を説明して必要に応じて対応してもらいましょう。

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●つわり再発?!妊娠中の方は必見です!後期つわりの原因と対策

 

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-25掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

吐き気に関する記事

つわりの吐き気を軽減しよう!おすすめ背中ケアの方法とツボ押し☆

つわりの症状の中でも、特につらい吐き気。 現在のところ、つわりの吐き気を止...

工夫でなんとかなることも!つわりの時の入浴法2つ!

吐き気が強いつわりの時期、お風呂に入れなくなってしまう妊婦さんもいます。 ...

吐き気の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

こんなに辛いなんて、きいてないよ!!ってくらい辛い、つわり。

つわりは辛い… よく聞く話です。 私の友人のお母さんは、つわりがとっても辛くて、あまりの辛さ...

カラダノートひろば

吐き気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る