カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. 指が動かなくなることも!?指の腱鞘炎、ばね指の症状

気になる病気・症状

指が動かなくなることも!?指の腱鞘炎、ばね指の症状

手には非常に多くの骨、関節、腱などから成り立っており、とても複雑な動きができます。その手でよく起こるケガに腱鞘炎がありますが、この腱鞘炎のひとつにばね指というものがあります。

 

指の曲げ伸ばし

指が曲げ伸ばしをできるのは腱という部分があるからです。もちろん曲げ伸ばしのエネルギーを生み出しているのは筋肉ですが、その筋肉を両端で支えているのが腱で、指先までのひとつの筋肉のエネルギーを腱が指先に伝えていると言っても良いでしょう。

 

指を前に倒すとき、指の腹の方の筋肉が収縮しますが、その筋肉が指に沿うように固定しているのが、靭帯性腱鞘というものです。

 

腱鞘炎からばね指

靭帯性腱鞘は指の筋肉を固定しているのですが、最も指のつけ根に近い部分には力がかかりやすく、炎症を起こしやすい特徴があります。そのためつけ根の部分で、筋肉の端にある腱や腱鞘が炎症を起こしてしまうことがあります。これが腱鞘炎で、これがさらに進行すると指の屈曲が困難になるばね指が生じます。

 

ばね指ってどんな症状がでるの?

ばね指はばね現象というものが指に起こるもので、以下のような症状が見られます。

 

・指を曲げづらくなる

・指を伸ばそうとすると引っ掛かりを感じる

・指が曲がったまま動かない

・痛み

・腫れ

・熱感

 

指が動かなくなるのはひどくなった場合です。

 

ばね指は上記の炎症が起こることで腱の動きがスムーズにいかなくなるものです。特に朝方に症状が強く出やすく、日中に指を使っていると症状が軽減することも少なくありません。

 

また、熱感や痛みは症状が重くなった場合に出てくるものですので、そうした症状が出る前に治療を開始することが求められます。

 

1日の中で痛みが変化しますので、つい軽く考えてしまいがちですが、気づいたら悪化してしまっていることもありますので、初期の段階で早めに病院を受診しましょう。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

手に関する記事

爪を挟んで爪下血腫!溜まった血液の処置はどうすればいいの?~爪の内出血治療~

指をぶつける、挟むなどしてできた爪下血腫。この血腫(溜まった血液)の処置はど...

超音波を使って手指の骨折を治療できる?!超音波治療の効果や注意点

    スポーツや作業で使う機会が多くて衝撃を受けやすく、骨が細い手指は...


突き指はどんな時に起きる?~内出血の原因になるケガ~

  指の内出血が発生する原因に、突き指があります。突き指は、どんな場面で起...

こんな人に多い!指が動かなくなる"ばね指"になりやすい人とは

  手指を酷使していると、腱鞘炎が生じることがあります。重いものを連続して持っ...

カラダノートひろば

手の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る