カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. こんな人に多い!指が動かなくなる"ばね指"になりやすい人とは

気になる病気・症状

こんな人に多い!指が動かなくなる"ばね指"になりやすい人とは

 

手指を酷使していると、腱鞘炎が生じることがあります。重いものを連続して持っていると腱鞘炎になりティッシュすらつかめなくなることがあります。この腱鞘炎がさらに進行すると指の曲げ伸ばしで引っかかりが生じるばね指を生じることがあります。

 

 

ばね指?

ばね指とは指の筋肉とその筋肉を支える腱鞘という固定装置の間で炎症が生じることによって、指の動きがスムーズにいかなくなるものです。指の曲げ伸ばしが困難になったり、進行すると指が動かなくなることもあります。

 

なぜばね指になるの?

ばね指は手、特に指の使い過ぎで起こるものです。そのため以下のような原因、以下のような人で起こります。

・スポーツ

・更年期の女性

・出産期の女性

・糖尿病患者

・リウマチ患者

・透析患者

スポーツでは特に道具を握りしめるようなスポーツが多いようです。また、更年期から透析患者の場合ホルモンバランスの乱れが関係しているものと言われています。

 

スポーツのばね指

スポーツによって起こるばね指は、どんなスポーツでよく起こるのでしょうか。以下にばね指を起こしやすいスポーツを挙げます。

・野球

・テニス

・ゴルフ

やはり指先に大きな力を入れるスポーツに多く見られるようです。特にこうしたスポーツはボールを打った際の反動が指に影響しやすく、その負担が腱に大きくのしかかり、炎症を起こしやすくなります。

通常、ばね指は親指と中指がもっとも発症しやすいのですが、スポーツにおいては親指以外の4本の指全てに発症しやすいという違いがあるようです。

 

基本的にはばね指は一瞬の衝撃によるものではなく、そうした衝撃を積み重ねたことによる、指のオーバーユースによって生じます。そのため、しっかりと筋肉を休めたり労わることが何よりも必要です。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/05/01-004345.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

手に関する記事

爪を挟んで爪下血腫!溜まった血液の処置はどうすればいいの?~爪の内出血治療~

指をぶつける、挟むなどしてできた爪下血腫。この血腫(溜まった血液)の処置はど...

突き指を引っ張るのは危険!!~内出血をともなうケガの治療法~

  内出血を生じる指のケガに、突き指があります。この突き指、応急処置として...


野球やテニスをしている人は必見!悪いバットの握り方がばね指の原因に?

  スポーツが原因で手を酷使しすぎてしまい、腱鞘炎になることはよくあります。ま...

「指を挟む」事故が起こりやすい場面って?~指に内出血が生じるケガ~

指に内出血が生じるケガのうち、受傷原因で多いのが「指を挟む」事故です。指を挟む...

カラダノートひろば

手の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る