カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 「子供は風の子」これってホント?最近の子供にはこの言葉が通用しない!?

育児・子供の病気

「子供は風の子」これってホント?最近の子供にはこの言葉が通用しない!?

 

昔からよく言う「子供は風の子」という言葉。

しかし、最近の子供にはこの言葉が通用しないようです。


◆ 風邪を引きやすい子供 ◆

育児書にはよく、

「子供は寒くても薄着で大丈夫」
「少しくらい咳や鼻水が出ていても、気にせず外で遊ばせ体を鍛えましょう」

といった言葉が書かれています。
娘が幼稚園の年少さんのころ、私もコレを真に受けて実践してみたところ・・・
娘はやたらと風邪をひき、月に一度は熱を出し、熱が下がっても咳が止まらない、ということが半年ほど続きました。

内科や小児科、耳鼻咽喉科に行っても抗生物質と咳止めを処方されるばかり。
さらには医師に「喘息の傾向がある」とまで言われてしまい、落ち込みました。


◆ 低体温の子供 ◆

どうしたものかと悩みつつ、子供の風邪について調べていてわかったこと。
最近では、子供でも低体温の体質が増えており、どうもウチの娘もその
低体温体質だったようです。

低体温児は平熱が36.0℃以下手足がいつも冷えています。
また、風邪を引きやすかったり、アレルギー体質になりやすかったり
するそうです。

低体温児のことを知ってから、娘には寒ければ厚着をさせ、微妙な体調の
変化にも気を配り、症状が見られれば早めに体を休ませ漢方薬を飲ませる
ようにしました。
すると娘が熱を出す頻度も減り、長く続いた咳もいつの間にか止まりました。


周囲からは「過保護だ」と言われることもありますが、気にしません。
子供の体質は千差万別。
常識や一般論にとらわれず、それぞれの子供に合った育て方を
考えることが必要です。
なによりも、子供たちが毎日を元気に過ごせることが大事なのです。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/04/16-360947.php?category=51)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状に関する記事

子どもの「夏バテ」…子どもの夏バテ解消に効果的な食べ物と悪化させないポイント

夏場、気温が上がるとやってくるのが「夏バテ」。 環境への変化が苦手な子ども...

新生児の病気、症状。心配な黄疸、未熟児のリスクとは?

生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんのお腹にいた頃の免疫に守られて、すくすくと育...

病気と症状の体験談

いきなりのじんましん!原因は!?

授乳後にじんましん、もしかして、アレルギー!? 次男の授乳後に足にできている無数のじんましんを...

あかちゃんの顔の赤み、腫れの正体

息子は5ヶ月頃から、目の上や顔に赤い虫刺され跡のようなものがプクッといくつかでるようになりました。 ...

カラダノートひろば

病気と症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る