カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 過敏性腸症候群(IBS) >
  4. 症状 >
  5. 過敏性腸症候群の3つの症状類型…下痢型・便秘型・下痢便秘交替型があります

男性のカラダの悩み

過敏性腸症候群の3つの症状類型…下痢型・便秘型・下痢便秘交替型があります

過敏性腸症候群はIBSとも言われ、主に腸の運動・分泌機能の異常によって発生する病気の総称です。

 

過敏性腸症候群の症状は大きくわけて3種類に分類できるので、これを全て見てみましょう。

 

過敏性腸症候群の3つの類型

1.下痢型

過敏性腸症候群の症状で下痢型と呼ばれる場合には、慢性の下痢が続く症状を指します。下痢には粘液が混ざる場合もありますが、血が混ざる場合はほとんどありません。また、下痢が慢性的に続いたとしても体重の減少がみられないのも特徴的です。

 

下痢になる理由としては、腸のぜん動運動が過度に活発になってしまうこと、その結果として、腸の内容物が急速に運搬されてしまうため、十分に消化・吸収されないこととなってしまうのです。

 

胃と腸の関係もより密接になり、胃に食物が入ったことがわかると小腸・大腸が活発に動きやすくなってしまい、そのため、食事をするたびに下痢になってしまうのです。

 

2.便秘型

便秘型の症状の場合、腹痛が発生し、便意があるにもかかわらず便が出にくい症状で、出た便もウサギの糞のようなコロコロとした硬い便であるのが特徴的です。

 

便秘型の症状は下痢型のものと逆で、腸の内容物を運搬するためのぜん動運動機能が低下してしまうのが理由です。

 

また、大腸のS状結腸という部分において、異常ともいえる収縮運動が発生します。そのため、便がここで止まってしまい便秘になってしまうのです。

 

3.下痢便秘交替型

この症状のパターンは下痢型と便秘型を交互に繰り返す状態で、通常の便通が来ることがありません。

 

以上のように、一口で過敏性腸症候群といっても、大腸のぜん動運動が全く逆の動きをする場合もありますので、症状も様々であるといっても良いでしょう。

 

「頭痛」で人気の記事はこちら

●頭痛、吐き気、下痢から考えられる代表的な3つの病気

(Photo by://www.ashinari.com/ )

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

過敏性腸症候群チェック

過敏性腸症候群チェック近頃増加の著しい過敏性腸症候群ですが、自分で判断するのは難...

腹痛や腹部不快が繰り返し起こる過敏性腸症候群の診断基準って?

     既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、過敏性腸症候群(IBS...


過敏性腸症候群と職場ストレスの関係 原因はもしかしてストレス?

        過敏性腸症候群(IBS)を増悪させる因子として、心理的ストレス...

腸内細菌の変化で表れる症状~過敏性腸症候群とは?

どこにも異常がないのに、強い腹痛や下痢・便秘など排便のトラブルに悩まされるのが...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る