カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 過敏性腸症候群(IBS) >
  4. 症状 >
  5. 過敏性腸症候群の便以外の症状…便秘や下痢、おなら!?

男性のカラダの悩み

過敏性腸症候群の便以外の症状…便秘や下痢、おなら!?

過敏性腸症候群は、IBSともいいますが、これはIrritable Bowel Syndromeと呼ばれる英語の病名の頭文字をとったものです。

元々は大腸機能に着目してその異常な機能によって引き起こされる病気として、過敏性大腸性症候群といわれていましたが、小腸にも関係するため、過敏性腸症候群と呼ばれるようになりました。

 

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群の症状を分類する際に便の出方に着目しているものもありますが、ここではもう少し便以外の部分にも着目した広範に過敏性腸症候群の症状のパターンを4つにわけて見て行きましょう。

 

1.分泌型

過敏性腸症候群の症状に分泌型があります。これは強い腹痛を伴い、大量の粘液が排泄されるという症状です。

 

2.慢性下痢型

少しでも不安やストレスを感じる場合に、下痢を生じてしまう症状です。この症状は神経性下痢とも呼ばれます。

 

3.不安定型

腹部に違和感を感じるだけではなく、腹痛も伴い、下痢と便秘が複数日ごとに繰り返しやってくるという症状です。交代性便通異常とも呼ばれます。

 

4.ガス型

これはおならが異常に出てしまう症状を指しています。これはおならを常に気にして他人に気づかれ嫌がられるのではないかという不安を持ってしまうがゆえに、意識がそこに集中するがゆえに、余計におならが発生してしまうという症状です。

症状が重症化してくると、他人の前で無意識のうちにおならがもれるようになってしまう場合もあります。この症状はおなら恐怖症ともいわれ、対人恐怖症の一つとみなされる場合もあります。

 

以上のように、過敏性腸症候群の症状としては、便秘や下痢以外にも大量の粘液が排泄されたり、おならが過度に発生したりするものもあります。

どれも原因としてはストレスなど心因的なものが挙げられています。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2014/01/26-385021.php?category=3)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

寝起きの吐き気から考えられる2種類の病気「逆流性食道炎」「過敏性腸症候群」

寝起きはお腹が空っぽですので何となく胃部に不快感を感じるという方は多いようです...

腹痛や腹部不快が繰り返し起こる過敏性腸症候群の診断基準って?

     既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、過敏性腸症候群(IBS...


腸内細菌の変化で表れる症状~過敏性腸症候群とは?

どこにも異常がないのに、強い腹痛や下痢・便秘など排便のトラブルに悩まされるのが...

過敏性腸症候群チェック

過敏性腸症候群チェック近頃増加の著しい過敏性腸症候群ですが、自分で判断するのは難...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る