カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. アキレス腱炎…どんな症状?どんな治療?

気になる病気・症状

アキレス腱炎…どんな症状?どんな治療?

 

かかとの上にはアキレス腱があることを外からでも確認することができます。

このアキレス腱はスポーツをする際に欠かせないものですが、同時に痛めやすく、酷使することによって炎症を起こすこともあります。

アキレス腱炎はスポーツなどでアキレス腱を酷使することによって生じます。

 

アキレス腱炎を生じると?

アキレス腱炎が生じるとどの様な症状がみられるのでしょうか。以下に見てみましょう。

・アキレス腱の圧痛

・運動時の痛み

・腫れ

・張り

・ギシギシときしむような音

・伸張時の痛み

・傾斜地の歩行での痛みの増強

同じアキレス腱に生じるケガにアキレス腱断裂がありますが、基本的にはアキレス腱断裂よりもアキレス腱炎の方が軽いケガだと言えます。

しかし症状としてはアキレス腱炎の方が痛みが頻繁に起こり、歩行やジャンプなどの特定の行動をするごとに痛みが発生します。また腫れによる血行不良も起こしやすいです。

 

アキレス腱炎の治療

アキレス腱炎の治療は基本的には安静にしておくことが必要です。これに加えて必要に応じて痛みをおさえるための鎮痛剤の投与や患部のアイシングを行います。

これによって痛みが引いてきたら温熱療法で血行を促進していきます。

治療を開始してから2週間ほどで症状はよくなりますが、場合によっては3週間安静が必要になる場合もありますし、慢性化している場合には3ヶ月以上の安静が必要になる場合もあります。

また、完治後に同じメニューでスポーツやトレーニングをしてしまうと再発する可能性がありますので、体の動かし方やメニューを見直して再発予防をしていくことが必要です。

 

アキレス腱炎を生じた後に再びスポーツをする場合は、体を動かす前後のストレッチを特に十分に行いましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/07/11-380047.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足に関する記事

スポーツする人の足に起こりやすい?爪の内出血「爪下血腫」の原因

 爪の下に内出血が起こり血の塊ができる「爪下血腫」は、スポーツをする人の足に...

アキレス腱断裂の2つの治療 スポーツに早急に復帰するには?

  スポーツに伴うケガの中でも重大なケガとして知られるのがアキレス腱断裂です。...


物理療法や薬など…足裏に内出血が起こる足底筋膜炎の治療法とは?

足裏に内出血を起こす足底筋膜炎(足底腱膜炎)は強い痛みがあり、日常生活に支障が...

アキレス腱を酷使するとアキレス腱が炎症を起こす!アキレス腱炎

  足を動かすことにおいてアキレス腱は非常に重要な役割を果たしています。アキレ...

カラダノートひろば

足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る