カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腹部 >
  4. 機能性ディスペプシア >
  5. 機能性ディスペプシアの治療~薬について~

気になる病気・症状

機能性ディスペプシアの治療~薬について~

 

能性ディスペプシアとは、胃の機能が低下している症状の事を言います。胃の痛みやむかつきなどの症状が続いているにも関わらず、検査をしても異常が見つからないのが特徴です。

 

治療は、主に薬物治療を行います。みられるそれぞれの症状を改善する薬を使います。

 

 

胃もたれ、すぐお腹がいっぱいなる

消化管運動機能改善薬

低下している消化の働きを活発し、機能性胃腸症の治療を進めて行く薬です。

○新薬:アセチルコリンエステラーゼ阻害薬

2013年に日本で承認された薬です。世界で初めて機能性ディスペプシアの適応を取得した、消化管運動機能改善薬です。アセチルコリンエステラーゼを阻害することで、神経伝達物質であるアセチルコリンの分解を抑制し、胃前庭部及び胃体部におけるAChによる収縮や運動を増強させます。その結果、機能性ディスペプシア患者における胃の運動亢進作用や、胃運動低下改善作用が期待できるのです。

 

 

みぞおちが痛む

酸分泌抑制薬

胃が弱っていると、正常な胃酸の分泌でもみぞおちあたりに焼けるような痛みを感じる事があります。胃酸の分泌を抑えて、胃の痛み特にみぞおちの痛みに効果があります。

また、十二指腸に胃酸が流れ込むと胃の運動機能が低下する事が確認されており、その事によって機能性ディスペプシアの症状を引き起こすとされています。

 

 

 

ストレスが多い方 

抗うつ薬抗不安薬

機能性胃腸症の原因は精神的なストレスだと考えられており、症状によっては抗うつ薬や抗不安薬などが使われます。消化管運動機能改善薬や酸分泌抑制薬を服用しても、症状の改善が見られない時に使われる薬です。

 

 

 

胃は人間の臓器の中でデリケートな臓器で、ストレスからくるダメージを受けやすい部分でもあります。薬物療法と合わせて、ストレスを軽減する精神面のケアが大切になってきます。

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E8%96%AC%E8%96%AC-%E5%81%A5%E5%BA%B7-%E5%8C%BB%E5%AD%A6-%E8%96%AC-155657/)

著者: 近藤雄太さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

機能性ディスペプシアに関する記事

会社員Aさんの胃にやさしい生活~機能性ディスペプシアの治療~

機能性ディスペプシアの場合にはどのように一日を過ごすと良いのでしょうか。機能性...

日本人の4人に1人?機能性ディスペプシアの原因

日本人の4人に1人は罹患していると言われ注目されている機能性ディスペプシア。そ...


機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)は漢方で治療!

  機能性胃腸症の方は、自律神経のバランスを崩している事がほとんどです。治療に...

機能性ディスペプシアの治療薬の副作用について

  機能性ディスペプシアの治療のメインは薬物療法です。 まずは病院に行かず、市...

カラダノートひろば

機能性ディスペプシアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る