カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 脳出血 >
  5. ただの寝不足による頭痛!?と思ったら脳出血などの危険な病気かもしれない!

気になる病気・症状

ただの寝不足による頭痛!?と思ったら脳出血などの危険な病気かもしれない!

最近忙しくて全然寝れていないので頭痛がする、という人は要注意です。

睡眠不足が原因であるか否かに関わらず、頭痛は体の異常を示していることは確かなことです。頭痛を軽く考えて放置していると、重大な病気が隠れている可能性もあります。 

 

脳血管疾患 

・くも膜下出血

突発的な頭痛から始まる病気で、持続性の強い頭痛を伴います。

耐えがたいほどの激しい痛み、悪心・嘔吐を伴う場合もあり、数日間持続します。高度な出血の場合には意識障害を併発し、髄膜刺激症状の神経症状が現れる場合も多くあります。

 

・小脳出血

小脳の障害から、四肢の麻痺を伴わない歩行不能などの症状が発生します。

頭痛・悪心・嘔吐・めまいが見られることもあり、重度の症状の場合には昏睡状態に陥ることもあります。

 

・慢性脳循環不全

頭痛・頭重感・物忘れ・耳鳴り・立ちくらみ・めまいなどを伴います。

脳血管の動脈硬化が進むことで全般的な脳の血流障害がある場合でも、四肢の麻痺や言語障害などの神経症状は現れません。

 

 

感染症

・脳膿瘍

脳に局所的に膿が存在するもので、頭部・血流に生じた感染症・外傷から細菌が脳に侵入することが原因になることがある病気です。

頭痛・眠気・吐き気・筋力低下・けいれんなどが見られます。

 

・髄膜炎

重度の頭痛の症状を伴う病気で、羞明(明るい光を避ける)や音恐怖(大きな音に耐えられない)の徴候が見られる場合もあります。

 

・ウイルス性脳炎

急性脳症では発症してから数時間~数日後に、意識障害・痙攣・異常行動(奇声・意味不明な発言や行動など)・不随意運動などが見られます。

重度の場合は、突発的な痙攣・意識障害が現れることが多くあります。

 

 

頭痛はもちろん、体にいつもと違う違和感がある場合は、病院で診察を受けることを何より大切です。

 

(Photo by://pixabay.com/)

著者: 近藤雄太さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳出血に関する記事

『脳梗塞・脳出血』の症状の違いって?~救急時の対処法について

脳卒中とは『脳梗塞・脳出血・くも膜下出血』の総称のことで、脳血管に異常が出てお...

高齢者に多い疾患!慢性硬膜下血腫は予測できる!?その検査法とは

高齢者に多い慢性硬膜下血腫。忘れてしまうくらい、ちょっと転んで頭を打った事が...


脳出血ってどんな病気?

   脳卒中は、脳の血管が破れる出血性脳卒中と脳の血管が詰まる虚血性脳卒中があ...

「 高血圧性脳出血」は画像診断で発見が困難?~早期高血圧治療の重要性

高血圧性脳出血の発症率は、脳出血全体の約15%を占めると言われていますが、原因...

カラダノートひろば

脳出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る