カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. 不眠症 >
  6. 寝ても寝たりないし起きると頭痛…そんなあなたはうつ病の疑いも!

メンタル

寝ても寝たりないし起きると頭痛…そんなあなたはうつ病の疑いも!

いくら寝ても眠い、寝すぎて頭痛がする・・・

そのひどすぎる睡眠過多の裏には病気が潜んでいる可能性があります。

 

1:うつ病

睡眠障害は、うつ病の症状のひとつですが、定型のうつ病では「眠れない」と訴えるのに対し、非定型うつ病では「いくら寝ても寝足りない」過眠状態となります。

 

・寝すぎると脳の働きが鈍り、気分が憂うつになるため、ますます起きられないという、悪循環に陥ります。

 

・食欲が高まり、特に甘いものを異常に食べたくなります。

食べているときは気分がまぎれますが、その結果、体重が増加して自己嫌悪でさらに憂うつになってしまいます。

 

・うつ病等で休職している人、無職で子供も大きくなった主婦の人、引きこもりの人などは、特に過眠・傾眠に陥りがちです。

 

・何もしないで無為でいるのは、余計に具合が悪くなってしまいます。

うつ病は休養すれば良くなるわけではなく、もちろん睡眠時間を長くすれば良くなるわけでもありません。

改善のためには、休養よりむしろ適度な活動が良いのです。 

 

2:睡眠時無呼吸症候群

睡眠中に呼吸が止まってしまい、十分に眠ることができないという症状を持つ病気です。

 

睡眠時無呼吸症候群になっている場合には、いくら眠っても呼吸困難のために深い睡眠をとることができなくなります。

そのため、慢性的に睡眠過多となってしまいます。

 

睡眠時無呼吸症候群は、一般には肥満体質の方がかかってしまうことが多いと言えます。

睡眠過多以外の症状としては、いびきなどがあると言われます。

 

睡眠時無呼吸症候群の場合には、将来的には糖尿病や循環器障害など深刻な病気を招いてしまう可能性もありますので、睡眠過多を一つのサインとして、早めの治療を受けることが極めて重要となります。

 

寝すぎで病気になる!?

睡眠不足が、心筋梗塞や脳卒中、糖尿病、肥満、うつ病にかかるリスクを高めることは既に分かっています。

しかし、アメリカの研究で、毎日10時間以上寝ている人も、睡眠不足の人と同じくらいリスクを背負っており、心筋梗塞や脳卒中、糖尿病に限っては、睡眠時間が短い人よりさらにリスクが高いことが明らかになりました。 

 

毎日の睡眠時間として理想的な7~9時間を守れば、これらの病気のリスクも減少し、すでに健康問題を抱えていても症状が緩和されるそうです。 

 

何事もやりすぎは問題です。適度な量の睡眠が健康の指標であると言えるでしょう。 

(イラスト: by //pixabay.com/)

著者: 近藤雄太さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不眠症に関する記事

うつ病対策には睡眠ホルモンを増やして不眠症を解消

  うつ病になりつつある、もしくはすでにうつ病になってしまった人は、大部分が不...

うつ病のつらい原因、不眠症をやわらげるためのアロマセラピー

  つらいつらい不眠症。いろんな配合で、いろんな方向からアロマセラピーをご紹介...


相互的に悪影響を及ぼす?!「不眠症」と「うつ病」の悪循環

  うつ病の症状のひとつに不眠症があります。不眠症の症状がうつ病患者の多くに見...

うつ病の原因となる不眠症対策、効果があった声まとめ

  睡眠薬や、食事療法や、光療法、不眠症対策はいろいろありますが、実際に効果が...

カラダノートひろば

不眠症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る