カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 献血 >
  4. 献血には様々な条件があるって本当?

健康診断・健康管理

献血には様々な条件があるって本当?

 

急な自己や病気による手術などによって、命の危険が迫っている患者さんを救っている有効な手段の1つとして、輸血が挙げられます。

この輸血医療を支えているのが、皆様からの善意によって成り立っている献血になります。ですから、献血は命が危険にさらされている患者さんの健康に直結しているものだと言っても過言ではありません。

 

しかし、輸血を受ける患者さんの健康だけでなく、献血をする献血者本人の健康にも大きく関係しているのが献血です。

なので、献血では様々な条件が存在します。こちらでは、その様々な条件について簡単にまとめましたので、是非参考になさってくださいね。

 

◆献血における様々な条件

健康な方であれば、献血による体への悪影響はほとんどありません。

しかし、体調を崩していたり、健康状態の良くない時に献血をすると、健康を害する恐れがあります。

献血者さんの健康を守るためにも、様々な条件が設けられています。

 

<献血方法別の採血基準>

・成分献血

血漿成分献血…男女とも18~69歳、男性45kg以上・女性40kg以上

血小板成分献血…男性18~69歳・女性18~54歳、男性45kg以上・女性40kg以上

 

・全血献血

200ml献血…男女とも16~69歳、男性45kg以上・女性40kg以上

400ml献血…男性17~69歳・女性18~69歳、男女とも50kg以上

 

このように、献血の種類によって様々な条件が設けられています。

また、65歳以上の方の献血については、献血される方の健康を考え、60~64歳の間に献血経験のある方に限られていますから、注意してくださいね。

 

献血に対して十分に理解し、1人でも多くの方が献血に協力されることを祈るばかりです。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/04/blog-post_5312.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

献血に関する記事

エイズ検査を目的とした献血は絶対にやめましょう!

  病気や事故などにより、輸血を必要とする方の人数は年々増え続けており、1...

自分の健康もしっかり守ろう!献血後の過ごし方

  街中などで一度は見たことがあるのが献血カーです。それほど大きな車ではなくて...


献血ではなく保健所で!保健所でのエイズ検査の流れとは?

 病気や急な事故によって命の危険にある患者さんを救っている有効な手段として、...

献血の際のエイズ検査で陽性だった場合、通知される?

  日本では毎日300人もの人が輸血を受けることで、その一命を取り留めてい...

カラダノートひろば

献血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る