カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. スポーツをしている男子に多い!オスグッド病にはストレッチが有効!?

気になる病気・症状

スポーツをしている男子に多い!オスグッド病にはストレッチが有効!?

 

成長期にスポーツをしている子どもで、特に男の子に多く見られる膝の痛みに、オスグッド病というものがあります。

比較的男の子に多く見られ、女の子が発症した際は多少回復に時間がかかる傾向があります。

 

スポーツをすると膝下が痛い!

サッカーやバスケ、バレーなどは脚を酷使するスポーツです。そうしたスポーツをしていて、「最近膝の下が痛い」「膝の下がポッコリ膨らんでいる」という場合はオスグッド病の可能性が高いです。

オスグッド病は成長期の子どもに多く見られる膝の痛みで、太ももの筋肉の激しい動きに、筋肉との接着部分の骨が耐えられず炎症を起こしたり剥離を起こしたりして生じます。

 

オスグッド病はどうしてなるの?

オスグッド病は基本的には筋肉の使い過ぎによって起こるものとされています。成長期の子どもはその名前の通り、体が成長の途中にありますから、大人と同じように体を使っているとケガをすることがあります。

オスグッド病は膝に症状が出るものですが、だからと言って膝を酷使しているとなるということでもなく、全身的な体の使い過ぎが発症の要因になります。特にスポーツをしていると筋肉は常に緊張させられている状態で、弛緩する暇があまりありません。

そうすると筋肉の柔軟性が保てず、発症の原因になります。特にオスグッド病を発症する子どもは体が固い子どもが多いようです。

 

予防あるいはそれでも運動をするには?

オスグッド病の治療は確立されているわけではありませんので、医師によって指示が異なる場合があります。

いずれにせよ、オスグッド病を予防する、あるいはオスグッド病を発症しても運動をしたいという場合に欠かせないのが入念なストレッチです。

ストレッチは本来運動前と運動後に行うもので、筋肉をうまく弛緩させてくれて、スムーズに体を動けるようにしてくれたり、疲労を蓄積させないようにしてくれます

 

痛みが強い時期は無理に運動をすることは薦められません。しっかり体を休め、その後も膝を労わりながらスポーツを続けられるとよいでしょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/10/02-350840.php?category=281])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膝に関する記事

スポーツ選手に多い!屈伸の多いスポーツで多いジャンパー膝

  スポーツで膝を痛めるというのはよく耳にします。膝はあらゆる方向に動くことが...

筋肉の収縮に成長期の子どもの骨がついていかない…オスグッド病って何?

  すでに成人になっていれば、成長期に成長痛を経験したことがある人も多いと思い...


半月板損傷の診断、確定診断には切開が必要?!

  スポーツで生じるケガの中に、半月板損傷というケガがあります。半月板は膝関節...

腸脛靭帯炎「ランナーズニー」が起こる仕組みとは?原因になるスポーツは○○!

腸脛靭帯炎は「ランナー膝」「ランナーズニー」などとも呼ばれるスポーツ障害です。...

カラダノートひろば

膝の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る