カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 乳房 >
  5. 『乳がん治療の第三世代薬』骨粗しょう症治療薬との併用に注意!

女性のカラダの悩み

『乳がん治療の第三世代薬』骨粗しょう症治療薬との併用に注意!

 

『アロマターゼ阻害薬』併用で副作用が出やすくなる?!

 

乳がん治療薬の第一選択薬は、従来の『タモキシフェン』から『アロマターゼ阻害薬』へと変わり、その治癒率も向上したといわれています。

閉経後の早期乳癌患者を対象とした『術後補助療法大規模比較試験(ATAC)』では、後者の薬が有効性や副作用に関して優れているという結果が見られたためです。しかし、注意が必要とされているのが他剤との併用についてです。

 

アロマターゼ阻害薬は、上記の『タモキシフェン』や骨粗しょう症治療薬『ラロキシフェン』と併用すると、乳がん抑制効果が阻害されるなど様々な副作用が生じる可能性があるとして注意喚起が行われています。

 

1.『タモキシフェン』との併用は、乳がん抑制作用を阻害する

 

『タモキシフェン』は、上記ATAC臨床試験において『アナストロゾール(アロマターゼ阻害薬)』との併用で、乳癌再発予防効果が阻害されることが明らかとなっています。

2剤の併用禁忌が広く知られている現在においては、薬剤師の処方箋のチェックが入ることで併用される心配はまずないとされていますが、万が一の場合に備え知っておくことは重要と言えます。


<タモキシフェンの作用機序>
乳がん細胞の核内に存在するエストロゲンの受容体への結合を拮抗的に阻害する事でエストロゲン作用を抑制する。

 

2.『骨粗鬆症治療薬(SERM)』との併用は、乳がん再発予防率を低下させる

 

骨粗しょう症治療薬の『ラロキシフェン』は、選択的エストロゲン受容体モジュレーター(SERM)と呼ばれる薬で、骨に存在する『エストロゲン受容体』を活性化しながら乳房に対しては抗エストロゲン作用を示すエストロゲンはガンを発生させる)という薬です。ですので、乳がん治療薬と相性がよく併用されることが多いです。

 

<アロマターゼ阻害薬は骨中エストロゲンを抑制する>

『アロマターゼ阻害薬』は、男性ホルモンであるアンドロゲン(※)をエストロゲンに変換する酵素『アロマターゼ』の作用を抑制することで、エストロゲン依存性の腫瘍の増殖を抑制するという薬です。エストロゲン産生抑制作用は、血液中だけでなく骨中にも働き、エストロゲン濃度も低下させます。

(※閉経後は、エストロゲンの分泌は卵巣からは極めて少なく、代わりに副腎から分泌されるアンドロゲンから変換されて作られる。)

 
<アロマターゼ阻害薬とラロキシフェン併用試験の結果とは?>

ATAC試験によると、『アリミデックス(商品名/アロマターゼ阻害薬)』と『エビスタ(商品名/ラロキシフェン)』を併用すると、アリミデックス単独よりも乳癌再発予防効果が悪くなるという結果が報告されました。現在では、骨粗鬆症薬の変更を行うなどの対応が必要とされています。

 

最後に

 

上記のATAC試験について考察されていた医師のホームページによると、被験者の登録前検査で骨密度が正常な症例では、薬剤を併用しても、その後骨粗鬆症に移行することはほとんどなかったされています。骨密度が若年女性平均値の80%未満であった症例では、その5%の女性に骨粗鬆症、病的骨折が発生したという報告があります。アロマターゼ阻害剤を投与する前には骨密度を測定し、骨密度が正常であることを確認することが、骨粗鬆症発症回避のため重要であると述べられていました。

 

(photoby://pixabay.com/ja/%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB-%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%95-%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2-259004/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房に関する記事

難治HER2陽性乳がん治療『ハーセプチン投与』による効果とは?

『HER2蛋白』が正常細胞の何千倍もの多さで、細胞表面上に過剰に存在しているが...

夜間の光曝露は、乳がんリスクを40%増加させる?メラトニンの効果とは

2007年、国際がん研究機関(IARC)による発表で「概日リズムを乱す交代制...


検診を受けていても乳がん発生となる原因は?遺伝子と増殖能について

がんの発生は、家族歴がない場合であっても、後天的にがん抑制遺伝子などが変異・...

乳がんで乳房を切除した際の乳房再建術について

  乳がんで乳房を切除した際の乳房再建術について   今年の5月、ニュ...

カラダノートひろば

乳房の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る