カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 治療 >
  4. 光線で頭痛を治療!最新の光線療法とは

頭痛

光線で頭痛を治療!最新の光線療法とは

 

頭痛の治療は薬剤療法が一般的です。しかし最近では、光を用いた光線療法も登場しています

 

 

◆光線療法のメリット◆

副作用はほとんどない

薬物アレルギー出血傾向の患者さんにも安心して行える。

自然治癒力を高め、免疫力の増進、神経の異常の回復効果も期待できる。

 

 

◆光線療法の対象となる頭痛の種類と主な原因◆

片頭痛⇒何らかの誘引によって、神経が異常に興奮することが原因です。食べ物、光、音、におい、ストレスなどが誘引となります。

緊張性頭痛⇒ストレスが原因です。肩こりと合併することが多く、血行障害がその病態を形成していると考えられています。

 

 

神経ブロック

痛みを感じる神経の伝導を遮断して、痛み刺激を感じなくさせる治療法です。

通常神経ブロックは注射を用いて行いますが、光線療法ではレーザー光を使用するので、痛くなく、安全で、小児にも使用できます。

 

―神経ブロックの種類―
星状神経節ブロック 適応:片頭痛

星状神経節は、片頭痛を引き起こすとされる自律神経のツボを刺激する方法です。発頭痛がない時に行い、頭痛の発作頻度と重症度を軽減します。

 

 

圧痛点の局所神経ブロック 適応:片頭痛、緊張性頭痛

痛い部位や神経近傍に直接注入して、即効性に痛みを取り去ります。肩のこり、痛みを伴う片頭痛、緊張性頭痛には有効な手段です。

 

 

近赤外線治療 適応:片頭痛、緊張性頭痛

マッサージでは届かない筋肉の奥の深い血管や神経に到達する光で、神経の緊張をほぐして、血流を改善します。東洋医学のツボと西洋医学の神経血管の走行にレーザーを照射することにより、より効果的に血流を改善します。痛み物質の除去、炎症細胞の洗い流し、栄養補給、酸素運搬から、治癒へと導きます。施術後は、ポカポカ温かい感じがあります。

 

 

光線療法は、普及が進んでいない治療法です。そのため、副作用などの情報が不十分なので行う際には慎重に検討する必要があると思います。

 

(Photo by: //pixabay.com/ja/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC-%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E5%85%89-%E7%A0%94%E7%A9%B6-%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%AE%A4-%E7%A7%91%E5%AD%A6-%E6%8A%80%E8%A1%93-%E5%85%89-%E7%85%A7%E6%98%8E%E6%8A%80%E8%A1%93-11646/)

著者: 近藤雄太さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

授乳中に頭痛がある時、どうすればいいの?

妊娠中や授乳中に飲んではいけない薬も多くあります。   頭痛薬と授乳 ...

頭痛を漢方的に考えると?漢方的「4大頭痛」と、それぞれの頭痛に効果的な漢方薬

  頭痛を漢方で考えてみると、西洋医学とは違ったとらえ方ができます。もし西洋医...


最近話題のアンナカ!安息香酸ナトリウムカフェインと併用してはいけない薬剤の成分とは

安息香酸ナトリウムカフェイン(アンカナとも呼ばれる)はねむけやけん怠感、血管...

お医者さんに頭痛を説明するには? 生活習慣や環境について

    頭痛で病院いった時にされる生活習慣や環境についての質問です。   1. ...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る