カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. しわ・たるみ >
  5. 口の中を噛む原因「頬のたるみ」はケイ素で予防しよう!

美容・ダイエット

口の中を噛む原因「頬のたるみ」はケイ素で予防しよう!

 

食事中や睡眠時に、無意識のうちに口の中を噛んでいたという経験はございませんか?口の中を噛んでしまうと、口内炎や血豆の原因となる外傷が発生してしまいます。このような口の中を噛んでしまう現象の原因として、頬のたるみが考えらます。

 

 

◆頬のたるみのせいで口の中を噛む?

誰しもが年齢を重ねるごとに筋肉が衰えてしまいます。もちろん口まわりの筋力も低下してしまいますから、頬がたるみがちになってしまいます。

そうなってしまうと、従来に比べ歯と頬の粘膜が一生近づいてしまうために、頬の粘膜を噛みこんでしまう確率が高くなってしまいます。

 

◆頬のたるみはケイ素で予防!

口の中を噛んでしまう原因となるだけでなく、老けて見えがちになってしまう「たるみ」はなんとしても予防したいものですよね?

そんな方に朗報なのが、たるみにはケイ素が効果的ということです。

 

<ケイ素が不足すると皮膚がたるむ?>

そもそもケイ素とは、歯や骨・血管・爪などを強くしてくれる、生命維持には必要不可欠な栄養素です。

組織と組織を繋げる働き、つまり「つなぎの働き」をしているのがコラーゲンなのですが、ケイ素はそのコラーゲンを束ねて強度を高めるという働きがあるんですね。

 

ですから、このケイ素が不足してしまうと

・爪が割れる

・皮膚がたるみやすくなる

・髪が抜けやすくなる

などといった症状や状態が見られるようになり、身体の至る箇所に支障が生じ始めます。

 

 

<ケイ素を多く含む食材は何?>

このような効果のあるケイ素ですから、野菜や豆類それに食物繊維をバランスよく摂取することが、ケイ素不足を防ぐことが出来ます。

 

また、ケイ素を多く含む食材としては、らっきょう・げんまい・あわ・スギナ・ホタテ・ホヤ・サザエ・豆類・レバー・ほうれん草・にんじんなどが挙げられます。

 

しかし、何事にも限度というものがありますし、バランスよく食事をとることが健康への近道ですから、紹介しました食材ばかりを摂取するといったことはおやめくださいね。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/08/blog-post_9342.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

しわ・たるみに関する記事

口の中を噛んでしまうのは頬のたるみのせい?

楽しく食事をしていても、ふとした拍子にガリッと血がにじむほど思い切り口の中を噛...

お尻のたるみはなぜ起こる?おしりは全ての人が同じ経過をたどってたるんでいた!

   お尻が加齢と共にたるんでいくことは、誰にでも起こりうることです。お尻は、普...


たるみやすいのは丸顔柔肌?!

  人の骨格や筋肉、ぜい肉のつき方はそれぞれ個人差がありますので、皮膚のた...

繊維が伸びたり切れたりして肌がたるむ?老化でしわができる理由

  目尻やほうれい線、おでこなどの「しわ」は、顔が老けて見える原因ともなり、と...

カラダノートひろば

しわ・たるみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る