カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 部屋の環境 >
  5. 寝付きを良くする室内温度設定♪どれくらいの温度にするのが効果的?

不眠・睡眠障害

寝付きを良くする室内温度設定♪どれくらいの温度にするのが効果的?

「なかなか眠れない」や「寝付きが悪く、寝た心地がしない」、もしくは「疲れが溜まっているのに寝付けない」などといったことでお悩みになっている方はきっと多いかと思います。

寝付きが悪いとどうしても寝た心地がせず、疲れが溜まりストレスの原因になってしまいます。

そこでこちらでは、寝付きを良くする上で大切になる室内温度設定について簡単にご紹介したいと思います。

 

◆より良い睡眠には体温が関係している?

寝付きを良くして睡眠の質を高めるためには、寝る前に体温を上げておくことがポイントとなります。というのも、人は眠りにつくときに体温を下げます。

体温を下げるために手足に血液を送り、体温を冷やします。ここで注意しなければならないのは、人間の体温調節機能になります。

つまり、必要以上に体温を下げてしまうと、今度は体温を上げようとする働きに体が移行してしまい、寝つきにくくなってしまいます。

 

◆寝付きが良くなる室内温度設定とは

・体温より少し低めを心がけよう!

ですから、手足を布団の外に放り出し、早く体を冷やしてやろうとすると本末転倒になりかねません。そもそも、冬場に温かい布団の中にいるだけでも眠くなりますから、そんな低い温度にさらさなくても体温は勝手に下がってくれます。

ですから、体温より少し低めの温度で設定すると十分に効果的だと言えます。

 

しかし、そうなると室温が30度もあれば眠れない、というのが落ちでしょう。

これは湿度が大きく関係しているからなんですね。熱い時に汗をかくのは、体温を下げるための働きであることはご存知かと思います。

湿度が高いとこの働きは上手く機能しなくなりますので、人間は「蒸し暑い」と感じてしまうんですね。

 

・エアコンの機能をうまく使おう!

夏場に熱くて寝苦しい、というときにはエアコンのドライ機能を上手く活用すると効果的です。

エアコンをつけっぱなしで寝ると体に悪いと言われますが、それは体が冷やされすぎるからなんですね。

ですから、今は室温をそれほど下げずに湿度だけを下げてくれる優秀な機能である「ドライ」を利用してみてはいかがでしょうか?

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/08/blog-post_9774.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

部屋の環境に関する記事

寝苦しい夏の夜…クーラーや扇風機をうまく使って、家族が気持ちよく眠るためのヒント

毎日のように気温が高くなる夏、日が落ちる夜でさえ「熱帯夜」といわれるほど、寝...

質のよい睡眠のためには寝室環境の改善から!改善するポイントとは

快適な睡眠を得るために、睡眠時間や就寝時間など、気にしている人も多いのではない...


冬になると冷え性でなかなか寝付けない!そんな時は、タオルで首を温めよう

冬の眠りを妨げるものといえば、寒さです。女性には冷え性が多いので、寒さで目が覚...

心地よい眠りには寝室の温度が大切!睡眠と温度の関係について

 寒い冬、足が冷え切って寝付けない・・・。暑い夏、エアコンをつけて寝て、タイマー...

カラダノートひろば

部屋の環境の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る