カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 生活改善 >
  5. 冬の寒さで寝付きが悪い?ちょっとした一手間でぐっすり!

不眠・睡眠障害

冬の寒さで寝付きが悪い?ちょっとした一手間でぐっすり!

      

 

冬が深まるにつれ、寒い日々は多く、さらに寒さも酷くなっていきます。特に夜は、底から来る寒さにより寝付きにくさを感じる方も多いかもしれません。そこでこちらでは、そんな寒い季節でも、ぐっすり心地よく眠りにつく方法をご紹介します。

 

「冬になると寒くてなかなか寝付けない…」もしくは「寒い冬も心地よくぐっすり眠りたい!」と思っている方は、ぜひ一度参考になさってくださいね。

 

 

◆ちょっとした一手間で寒い夜もぐっすり!

・布団はあらかじめ温めておく

寒い季節にぐっすり眠るには、布団に入る前に布団を温めておくための一工夫が大切になってきます。湯たんぽや電気毛布、そして布団乾燥機などを上手に活用しましょう。その中でも特に湯たんぽには、身体の末端を温めることで入眠時の深部体温の降下を促してくれる効果がありますので、寝付きをスムーズにするという点では最も優れているものだと言えます。

 

・首周りをあたたかく!

寝返りによって出来た肩や首あたりの隙間から、冷たい空気が入ってくるとゾクゾクして目が覚めるなんてこともしばしば。そこで、スカーフや柔らかい枕などで、肩や首周りの防寒対策をするのも、寝付きの改善にはお勧めです。あまり首や肩に巻きすぎるのは、かえって肩こりや寝苦しさの原因になりますので、あくまでも「スカーフなどの柔らかい素材でふわっと」を意識して下さいね。

 

・室内温度は16~19度の間を保とう!

寒い時期の快眠対策には、布団の温度だけでなく、室内温度も大切になります。寒すぎる部屋でなんてなかなか眠れないものです。16~19度の間の最も寝付きが良い暖房温度に設定することをお勧めします。また、寝室の温度が13度を下回ると寒さで目が覚めてしまい、寝付きも悪くなってしまいますのでご注意下さい。

 

 

このように、寒い時期の寝付きの悪さを改善するには「温かくすること」が重要になります。しかし、寝苦しくなってしまう暖め過ぎは禁物です。ですので、布団乾燥機や電気毛布の電源は、眠りにつく前には必ずオフにするようにしてくださいね。

 

少しの一工夫があなたを快眠に導きます。一度お試しになってみてはいかがでしょうか?

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/11/blog-post_1539.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活改善に関する記事

あなたのその生活習慣が睡眠を妨げているかもしれない!睡眠に障害になる習慣って?

不眠症になると眠る環境や、寝ているときの問題に目が向きがちです。しかしもしかし...

温度が高すぎても低すぎても快眠にはならない!快眠できる部屋の湿度はどれくらい?

  不眠と温度には関係があります。温度が高すぎても低すぎても、人の体は眠り...


秋の眠りの質を向上するために運動が最適な理由とは?運動に適した時間帯は○○!

秋の眠りを支える習慣のひとつが運動です。運動によって眠りやすくなる理由、特に秋...

不眠の原因は部屋の環境にもある!快眠のための温度ってどれくらい?

  不眠には、生活環境も関連しています。朝の光や夜のパソコン、携帯電話の影...

カラダノートひろば

生活改善の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る