カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 食べ物・飲み物 >
  5. 寝付きの悪さともおさらば!快眠に効果的な食べ物とは(前編)

不眠・睡眠障害

寝付きの悪さともおさらば!快眠に効果的な食べ物とは(前編)

     

 

「寝付きが悪く布団に入っても寝返りばかり」あるいは「なかなか寝付けないせいで疲れがとれない」と、寝付きの悪さに悩まされている方はきっと多いかと思います。

明日も早起きなのに、頭が冴えて眠れず、寝返りを何度も打っていたらいつの間にか何時間も経過していて、結局最悪のコンディションで次の日を迎えてしまう、というのは何とも辛いことだと思います。

 

良質な睡眠は、健康と美容の基本です。そこでこちらでは、就寝から2時間以内に食べると寝付きが良くなる意外な食品を前編と後編にわたってご紹介したいと思います。

 

◆これで不眠とおさらば!寝付き改善に効果的な食べ物

・アーモンド

寝付きが悪い・なかなか眠れなくなる原因の1つとして、体の緊張、つまりコリがほぐれていないことが挙げられます。湯船に浸かって体を温めてコリをほぐすのも効果的ですが、食べ物の摂取でもコリをほぐすことは可能です。そんな体のコリをほぐす効果のあるものとしてはマグネシウムが挙げられます。そのマグネシウムを多く含むのがアーモンドというわけなんですね。

 

さらに、アーモンドはコリをほぐしてくれるだけではありません。睡眠中の血糖値を安定させることで、朝までぐっすり眠れることも可能となります。

 

・バナナ

バナナには上記でご紹介したマグネシウムを豊富に含んでいる食材の1つです。しかしそれだけではありません。マグネシウムと同じく、体のコリをほぐしリラックスさせるのに効果的だとされるカリウム。さらに、興奮状態にある神経を鎮静化させる働きのある脳内ホルモンを生成する上では不可欠であるトリプトファンというアミノ酸を多く含んでいます。

 

つまり、バナナは緊張状態にある筋肉や脳をリラックス状態に導く効果がある食べ物なんですね。

 

・乳製品

チーズやヨーグルトが代表的な食べ物として挙げられる乳製品も良質な睡眠にはありがたい食品になります。上記でご紹介しましたトリプトファンが豊富に含まれているだけではありません。乳製品の代名詞ことカルシウムは、イライラのもとであるストレスを感じにくくするだけでなく、神経を落ち着かせる効果もあります。ストレスによって気が立っている方は、就寝前に乳製品を摂取することをお勧めします。

 

このように、寝付きを良くする、ひいては良質な睡眠をもたらしてくれる食材は様々なものがあります。

続いて寝付きの悪さともおさらば!快眠に効果的な食べ物とは(後編)でも、寝付きを改善してくれる食材の数々をご紹介したいと思います。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/07/blog-post_512.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食べ物・飲み物に関する記事

豆乳ジュースで眠れる体づくり

豆乳には100gあたりトリプトファン:50mgグリシン:160mgが、含まれてい...

胃腸も休める睡眠をとりたい!寝る前には胃腸に食べ物を入れないで

 寝付きをよくするポイントとして意外と忘れられがちなのが寝る前の食事です。 寝...


冬の眠りを悪くするメラトニンの分泌不足を解消しよう!照明や食事から工夫できる2つの眠り対策

メラトニンはホルモンの一種で、その働きは主に眠りを誘うことにあります。 夜にな...

乳製品、納豆や肉類、バナナ、卵などに含まれてる?トリプトファンを摂取して快眠を目指そう!

   トリプトファンは、睡眠を調整するセロトニンに体内で変化します。セロトニン...

カラダノートひろば

食べ物・飲み物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る