カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. 外側型・内側型・後方型…野球肘の3タイプ あなたの野球肘はどのタイプ?

気になる病気・症状

外側型・内側型・後方型…野球肘の3タイプ あなたの野球肘はどのタイプ?

 

子どもの成長のためにスポーツをさせるのはよいことでしょう。特に本格的にスポーツをするほど、成長途中の体に与える影響は良くも悪くも大きいという側面があります。

 

 

野球肘?

野球などのスポーツは投球動作を繰り返します。この投球動作の繰り返しによって肘に痛みが出る状態を野球肘と言います。

野球肘というのはこうした過程で肘に障害が出ることの総称で、単なる筋肉痛程度の軽いものから、将来にわたって影響が残るような骨の障害までを含んで野球肘と呼ばれています。

 

野球肘のタイプ

野球肘は大きく3つのタイプに分けることができます。

・外側型野球肘

これは離断性骨軟骨炎と呼ばれるタイプの野球肘で、肘関節の軟骨を痛めてしまうものです。このタイプはほとんどが小学生の時に発症し、早い時点で治しておかないと、成長の過程で発達に影響し肘の変形や曲げ伸ばしの障害が進行しやすいです。

逆に言えば早い段階で発見し治療を受ければ問題なく治せるものですが、放っておいてしまうとスポーツを本格的に続けられなくなる場合がありますので、注意が必要です。

 

・内側型野球肘

肘の痛みを自覚症状として訴えて病院に行く患者さんの中では最も多いのがこのタイプだそうです。名前の通り肘の内側に原因があり、大部分は肘の内側の骨についている腱や筋の柔軟性が不足していることで起こるもので、ストレッチの不足や投球フォームの間違いが元になっています。

 

・後方型野球肘

肘が上腕の後ろの筋肉にひっぱられ、腱の炎症や、疲労骨折が起きるものや、肘を伸ばすときに骨同士がぶつかって骨が欠損したり、骨がコブ状に変化し屈伸ができなくなってしまうものがあります。

 

子どものときのこうした障害が、大人になったときに影響し頑張ってきたスポーツを断念しなければいけなくなることがあることを知っておきましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/02/13-004071.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肘に関する記事

腕と肘に起こる内出血の原因「テニス肘」とは?~スポーツ障害の症状~

  肘の関節に内出血が起こるスポーツ障害が、「テニス肘」です。テニス肘の原...

肘に内出血を起こすスポーツ障害「テニス肘(外側型)」とは?内出血の種類と症状

  肘に内出血を起こす、スポーツ障害の「テニス肘」。障害を起こす部分によっ...


スポーツ障害に多い疲労骨折!その原因と起こりやすい部位とは?

スポーツ障害の中でも重症で、完治までに時間がかかるのが疲労骨折です。疲労骨折の...

野球肘の予防には何が有効?正しいフォームで投げること、投球数の制限…

  投球動作は肩や肘にかなり負担をかけます。 特に成長期の子どもにはそれが顕...

カラダノートひろば

肘の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る