カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. ストレッチ >
  5. やってみよう!寝付きを良くする就寝前のカンタンストレッチ

不眠・睡眠障害

やってみよう!寝付きを良くする就寝前のカンタンストレッチ

     

 

寝付きが悪く、何度も寝返りを打っていると数時間が経過していて結局あまり眠れずに、翌日を最悪のコンディションで迎える…といった「寝付きの悪さ」に悩まされている方は、きっと少なくはないと思います。

そこでこちらでは、そのような寝付きの悪さを解消してくれる上で効果的なストレッチ法をご紹介したいと思います。

 

◆どうしてストレッチが寝付きを良くするの?

寝付きを良くする、あるいは朝までぐっすり眠るといった良質な睡眠をとる上で大切となってくるポイントが有ります。

それは寝る前に体温を上げておくことです。というのも、人間は体温が下がることで眠くなる生き物ですから、あらかじめ体温を上げておけば布団に入っている時に急激に温度が下がり、熟睡できる、ということなんですね。

また、寝る前でも簡単に体温を上げる方法として、ストレッチが挙げられます。その中でもおすすめのストレッチ法をご紹介します。

 

 

◆おすすめの就寝前のストレッチ法

<ストレッチ1>

1.まず、肩と腕をグルグルと順番に回して下さい。そうすることで肩周りの凝りがほぐれます。次には足首と手首といった末端、それが終われば首をゆっくりと回して下さい。

2.その後、手先や足先をブラブラと動かして下さい。

3.そして、両手を上に挙げて背伸びをして下さい。伸びてすっきりしたら、今度は腰も伸ばして下さい。

4.こうして全身をほぐし終われば、最後に深呼吸をして終わりです。

 

<ストレッチ2>

ストレッチ1が終わった後は、明かりを消した暗い部屋で布団の上に仰向けに寝て下さい。

1.まずは手をグーにして握り、両手にぐっと力を入れてください。その状態を5秒間維持して下さい。

2.グーの状態で握っていた手を、今度は広げてパッと力を抜き、10秒間休憩を入れて下さい。

4.このような「思いっきり力を入れた状態をしばらく保持→力を抜く」の動作を、両足→顔→全身の順番でそれぞれ繰り返して下さい。

 

上記のようなストレッチにより筋肉の緊張をほぐすのは、血行促進につながるだけでなく、朝までの熟睡にも効果的です。

 

 

ストレッチが終わった最後には、全身の力を抜いた楽な状態で深呼吸を行ってください。

こうしたストレッチを寝る前に行うことで、心も体もリラックスし寝付きも改善されることでしょう。是非一度お試しになってみてはいかがでしょうか?

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/03/blog-post_704.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレッチに関する記事

どこでも簡単!気分転換にも!眠気解消ストレッチ

仕事中にふと眠気が襲ってきて、だんだん頭がボーっとしてくるという経験は多くの...

ストレッチでスムースに入眠! オススメはヨガ♪

寝つきが悪く、気持ちよく眠りに入れない人の中には、寝る前にストレッチをすること...


目が冴えて…足がつって…考え事で…こんな原因で眠れない時の対処法

いつまでたってもなかなか眠れない…眼が冴えてしまっていることがよくあります。...

寝る直前のストレッチで快適な目覚めを

    寝付きをよくし、快適な目覚めを得るために有効なのが寝る直前のスト...

カラダノートひろば

ストレッチの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る