カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. その他の障害・外傷 >
  5. 最悪の場合、壊死が起こるコンパートメント症候群…症状とその治療法は?_

気になる病気・症状

最悪の場合、壊死が起こるコンパートメント症候群…症状とその治療法は?_

 

上肢つまり腕や手と、下肢つまり太ももやふくらはぎ、足に生じる疾病にコンパートメント症候群があります。

このコンパートメントとは上肢や下肢の筋肉、血管、神経が、骨、筋膜、骨格膜に囲まれている構造を指します。

 

 

最悪の場合には壊死?

コンパートメント症候群は、骨折などの外傷、あるいは激しい運動で上肢や下肢に負担をかけることによって、筋膜の中で圧力が高まってしまい、それによって中にある筋肉、血管、神経が圧迫されることで起こります。

瞬間的な衝撃で急性的に内圧が上がることもありますし、長期間負担をかけることによって内圧が徐々に上がることもありますし、また、サポーターで組織を圧迫して起こることもあります。圧迫が激しいと圧迫された組織が壊死する危険もあります。

 

どんな症状?

内圧の上昇が速いか遅いかによって血管や神経が障害される速度が異なりますから、急性と慢性がありますが、早いか遅いか違いのみで、症状自体は大きく変わりません。

強い痛み、しびれ、うずき、腫れ、圧迫感、圧痛、知覚障害、変形…以上のような症状があります。

急激な痛みや、しびれ、疼きなどの症状が出る場合は外傷を受けたときであっても、スポーツをしている時であってもすぐに外科的処置が必要です。

また、スポーツでは活動中にはうずくような鋭い痛みを感じられてもスポーツを中止すると症状が完全になくなるということも見られるようです。

 

治療

初期の段階であれば冷却などの方法で保存療法を施す対応で治療可能です。

しかし筋膜の内圧が異常に高くなってしまう場合にはそれを下げるために筋膜を切開する手術をする必要があります。早期に治療を受ければ早く治ってしまいます。

 

スポーツでは足の活動を欠かすことができないからか、特に下肢のコンパートメント症候群が起こりやすいようです。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/04/07-346560.php?category=304])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他の障害・外傷に関する記事

スキーやスノボーで起きやすい関節等の外傷 どういう怪我が多いの?

スキーやスノボーは人気の高いスポーツです。冬になると多くの人たちが、スキーや...

スキーやスノボーで注意!頭や首の外傷&強打した時確認すること

スキーやスノボーは根強い人気のあるスポーツです。天然の雪以外にも、草スキーや人...


スキーでのケガを防ぐ簡単ストレッチ!スキーやスノボーで痛めやすい○○をストレッチしよう

  スキーでのケガを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか? それは、スキー場で...

スキーやスノボーを楽しむためにはケガをしないこと! スノースポーツを行う際の心構え

スキーやスノボーは楽しいスポーツです。しかし、楽しいだけではありません。スキ...

カラダノートひろば

その他の障害・外傷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る