カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. パパの育児 >
  4. 「ママじゃなくちゃ嫌」の子どもにパパが立ち向かうには?

育児

「ママじゃなくちゃ嫌」の子どもにパパが立ち向かうには?

 共働きの形や、パパだけ働いているなど各家庭によって形は様々ですが、基本的に長く育児をするのはママです。

専業主婦ならなおさらですが、一緒にいる時間が長いママと子どもの関係と、パパの子どもとの関係はまた違うものになるのは当然です。

 

パパが苦手な育児

年齢が上がってくると、子どもは「ママじゃなきゃやだ」「ママの方がいい」という気持ちを持つようになってきます。

最初は誰の腕の中でも寝ていたのが、眠たくなるとママが抱っこしてくれるまで寝ないなんてこともあります。

 

そうするとパパの立場としては難しい場所に立たされることになりますよね。

赤ちゃんがママの柔らかい感触を好いているのだとしたらパパは断然不利ということにもなります。

こうした特徴は特に泣き出した子どもを泣き止ませる場面や、寝かしつけると言った場面でパパとママの区別がはっきりと出て、パパは苦手意識を持ってしまうようです。

 

なぜパパは育児が苦手になりがちなのか

では上記の泣き止ませるという場面や寝かしつけるという場面はなぜパパは苦手なのでしょうか。

 

・子どもの「ママじゃない」にへこむ…

特に泣き出してしまうと安心感を求めて「ママがいい!」気持ちが強くなります。そのためパパは何だかへこんでしまうのですね。

寝かしつけるときも同様で、ママじゃないから寝ないという子が多く、パパはそれだけで落ち込んでしまうようです。

 

しかし、このときの赤ちゃんが悪意でパパとママを区別しているわけではないことは分かってあげましょう。

 

・忍耐力が続かない

特に仕事をしていると、子育てだけに時間を費やしているママとは違って「何時までには寝なければ」「これにあまり時間をとられたくない」という気持ちが捨てきれません。

 

そのため「なかなか泣き止んでくれない・寝てくれない」の気持ちが強くなってしまい、最終的には寝ないことにイライラしたり、予想していたよりも泣き止みや寝つきが悪くてママに助けを求めてしまいます。

 

ですが、ママだから忍耐力があるわけではなく、最終的に仕事が回ってくるママはその責任を放り出すわけにはいかないのです。

パパは自分がダメだったらママに任せられますが、ママは例え出来なくても疲れていても自分でやるしかありません。その部分を分かってあげるとパパも責任の重さを実感できるのではないでしょうか。

 

工夫の仕方によって泣き止ませや寝かしつけは効果が違いますから、色々と試してみましょう。

 

 (Photo by: 足成)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの育児に関する記事

パパとお風呂で遊ぼう!赤ちゃんにウケのよいお風呂遊びは?気に入るおもちゃ6種類も☆

赤ちゃんのお風呂担当はパパ、という家庭も多く聞きます。 もしくは、パパだと...

海外に学ぶ男性の育児休暇の取り方!パパの子育てについて

日本は昔から、女性は家を守り、男性は家庭を顧みずに仕事一筋で家庭を守るのが当...

パパの育児の体験談

パパの育児協力も、それはそれで結構大変!?

私の夫は、子どもに関わる仕事をしています。 なので、子どものことに関しては、私より色々なことを知っ...

パパのお風呂に大泣き

息子の人見知りが始まり、ピークの6ヶ月頃から、パパとのお風呂で毎回ギャン泣きしていました。 平...

カラダノートひろば

パパの育児の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る