カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. ストレス >
  6. ママは時にわがままに!ストレスをためないためにパパはサポートをしよう

育児・子供の病気

ママは時にわがままに!ストレスをためないためにパパはサポートをしよう

 

赤ちゃんが生まれた瞬間にママとパパも生まれます。

その瞬間からママとパパ、特に主に子育てをすることになるママは赤ちゃん中心の生活がはじまりますので、それまでの生活スタイルが一変します。

 

 

パパのサポート、ママのストレス

昔ほど育児は女がするものだという風潮はなくなりましたが、それでも基本的には育児はママがするもので、パパは最大限サポートをすればいい夫というまでにとどまります。

もちろんサポートをしてくれるのはママにとっては非常に助かりますがときにそのサポートという立場が、「結局育児の責任は妻にある」ともとられかねないのでパパは注意しましょう。

 

完璧なママがいいママとは限らない

真面目で完璧にと思って育児をしていることが決して良いことではありません

特に自分のすべてを犠牲にしてでも子どものことをちゃんとすると考えて育児をしてしまうと、知らない間にママにストレスが蓄積されてしまいます。

育児は赤ちゃんとママの1対1に陥りやすいので、ストレスを発散する場所が見つけにくく、ママの性格によって違いますが、自分がちゃんとしなければの考えに取りつかれやすいです。

しかし、それでママが倒れてしまってはそれこそ赤ちゃんに大きなダメージですから、適度に手をぬく方法をインターネットや書籍からでもよいですから学びましょう

 

できないときは「できない!」

夫は仕事があるし、自分の母親は忙しいしなどと考えているとこれもまた育児を自分で抱え込んでしまうことになります。

しかし、慢がママの体に良いわけありませんし、赤ちゃんもそういったママのストレスの蓄積を感じます。そのため自分の限界が来る前に声を大にして「もう無理!手伝って!休みたい!」と言いましょう。

言ってしまえばその後パパや母親にストレスを吐き出したり、手伝ってもらったりすればよいのです。

 

ママは思っている以上にわがままになってよいかもしれません。これは子どものためのわがままなんだと思って、ストレスを上手にコントロールしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/03/23-015618.php?category=51])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレスに関する記事

いくら可愛くてもストレスが溜まります…育児ストレスの発散方法

自分の子供は可愛いし、しっかり育てたくて頑張っているけど、ときどきストレスが溜...

助けてほしい…そんなママへ~育児ノイローゼからの脱出するために必要な3つの方法

「育児ノイローゼ」聞いたことはありますか? 育児の経験がある人なら、思い当...

ストレスの体験談

私の産後うつ体験談。当時の日記を抜粋します。

息子が生後3ヶ月頃です。 私は産後うつ状態で毎日のように泣いていました。 実家から遠く離れた...

二児のママになり今までで最大の地獄

 二人目が生まれて三か月。今日は本当に大変でした。主人は愚痴を聞いてくれないし、誰も話を聞いてくれな...

カラダノートひろば

ストレスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る