カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. ガクガクブルブルは少ない?あまり知られていないてんかんの症状とは

育児

ガクガクブルブルは少ない?あまり知られていないてんかんの症状とは

 

子どもに多い病気のひとつにてんかんがあります。

てんかんという病気は一般的にイメージがあまり良くないようで、深刻な病気ととらえてしまう人が多いようですが、子どもが発症する小児てんかんはそこまで重く受け止める必要はありません。

 

てんかん症状で勘違いをしていませんか?

てんかんというとすぐに結びつくイメージとして、「全身の震えと共に白目をむいて泡を吹く」といったような発作を持つ人が多いようです。

そのため、てんかんは怖い疾患という印象が強いのでしょうが、実際こうした症状ばかりではありません。

 

あまり知られていないてんかんの症状について以下に挙げてみます。

・体の一部がぴくぴく動く

・動作が止まる

・視線が合わない

・呼びかけに応じない

・返事は出来るが会話ができない

・座ったまま・立ったまま・歩き続けたまま

・しゃっくりのように頭を前に曲げ、両腕をつっぱる

・夜眠っているときに大声を出して暴れる

 

特に発症してから初期の症状は軽いもののことが多く、すぐにはてんかんとつながらないことが多いようです。

 

また、先のてんかんでイメージする症状と比較してもボーっとするような発作の方が多く見られます。

これは知っていなければ、例え子どもはてんかんを発症していても気づけないですよね。

 

また、最後の眠っているときに大声を出して暴れるといった症状は、夜驚症という疾患の症状に似ています。しかし実際脳波を調べると異常が見つかるケースもあるのです。

 

こんな動作が伴うことも

上記の症状に以下のような動作が伴うことがあります。

・口をもぐもぐと動かす

・舌を鳴らす

・手をもぞもぞ動かす

 

こうした動作は自動症と言われるもので、本人は覚えていないことが多いようです。

 

てんかんは固定観念を外れた症状を知る方が大切かもしれません。知らなければわが子の異変に気づいてあげられませんから、まずは親御さんが知識を深めましょう。

(Photo by: http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状に関する記事

一次吃、二次吃・・・吃音の様々なとらえ方

  伝統的な吃音の治療は、吃症状にのみ目を向けてきました。しかし、実際には見ら...

こんな痙攣もてんかんかもしれない?てんかんの症状と薬物治療

子供の代表的な病気の一つであるてんかんは、具体的にはどのような症状が発生し、...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

病気と症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る