カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 子どもが溺れてしまったとき…一番危険なのは浴槽!冷静な判断で迅速に対応しよう

育児

子どもが溺れてしまったとき…一番危険なのは浴槽!冷静な判断で迅速に対応しよう

 

子どもが一番溺れやすい場所をご存知ですか?川や、海、プールが頭に浮かびますが、実は一番危険な場所は「浴槽」です。驚くべきなのは10cmの深さがあれば、子どもは溺れてしまいます。

川や海に行くと、親も注意しなくてはという考えが働きますが、実は油断している家庭内で起こることが多いのです。

では、もし子どもが溺れてしまったら、どのように対処すればよいのでしょうか?

 

とにかく早く引き上げる!

子どもが水に溺れているときはとにかくすぐに水の中から引き上げてください。そして、肩をたたきながら名前を呼び、意識があるか確認してください。

また、呼吸、脈の有無も同時に確認してください。

 

・呼びかけても意識がない

・呼吸をしていない

・心肺停止

・顔色が悪くなっていてぐったりとしている

上記のような容態の場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

救急車が来るまでの間、人工呼吸や、心臓マッサージがとても大切になります。

心臓マッサージなどのやり方がわからない場合は周りの人に助けを求めるか、119番に通報した際に支持を仰ぎましょう。

電話をスピーカーモードにすると両手が開きますし、周りの方へも指示が聞こえます。

 

意識があり、水を飲んでいる場合の処置の仕方

1 まずママが正座をし、その脚の上に子どもをうつぶせに乗せるか、ママの腕にまたがらせるようにうつぶせに乗せます(その際、頭が胸より低くなるように)。

2 ママの指を子どもの顎にあて、のどをまっすぐにして気道を確保します。

3 そして、反対の手で背中(肩甲骨と肩甲骨の間)をパンパンと手のひらで少し強めに4、5回程度たたきます。

4 それでも水を吐かない場合は、下の付け根を刺激して吐かせます。

 

意識がない場合の処置の仕方

1 意識がないと、舌の筋肉が緩んでしまい、奥に舌が落ちてしまって気道をふさぐことがありますので、子どもを仰向けにしたら顎をうえに持ち上げ頭を後ろに反らせて気道を確保してください。

2 その際、首の後ろに丸めたタオルなどを当てておくと気道が確保しやすいです。

3 気道の確保が終わったら、呼吸、脈を確認したり、身体を触って反応があるか確認をしてください。決して身体を激しく揺さぶることのないよう気をつけてください。

 

救出したときに意識もあり、元気な様子でも数時間後にぐったりしてしまうこともあります。

何か不安なことがあれば、近くの小児科に受診することをおすすめします。

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2013/09/09-381814.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

子どもの脱臼を防ぐ方法 お母さんはどう気をつけたらいい?

お子さんの肩や腕が脱臼してしまった!ということは、珍しいことではなく、お子さん...

出産時起こる乳児の頭部外傷 乳児のたんこぶは病院へ行くべき

出産時に乳児が受ける傷を、分娩損傷といいます。分娩時には母親の細い産道を通ってく...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る