カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 子どもののどが痛い場合に考えられる疾患…風邪?急性咽頭炎?急性喉頭炎?

育児・子供の病気

子どもののどが痛い場合に考えられる疾患…風邪?急性咽頭炎?急性喉頭炎?

細菌感染や炎症によって腫れが生じることはよくあります。風邪などを引くと、のどの腫れが生じることがありますよね。

 

子どもがのどの腫れを生じている場合には、どのような疾患が考えられるのでしょうか。

 

もちろん風邪!

風邪はのどの腫れの他に咳、くしゃみ、鼻水、悪寒、頭痛、鼻づまり、発熱といった症状も見られます。全てが見られるわけではなく、これらの一部がいくつか見られることが多いですが、のどの腫れを確認したらまず疑うのが風邪でしょう。

 

風邪だからと言って軽視することはできませんが、身近な病気だけに対処法などもよく分かっていることが多いと思います。

 

10歳未満の急性咽頭炎

のどの腫れと痛み、そして急な発熱が見られると、急性咽頭炎の疑いがあります。10歳未満の子どもに多く見られる疾患で、風邪との区別には発熱の仕方が急速であると言う点があげられますし、咳も出ません。

 

また、インフルエンザとも混同されやすいですが、インフルエンザの場合咽頭が赤く腫れることがないので、その点で違いが推測できると思います。

 

急激かつ高熱になりやすいのが特徴で、その熱自体が子どもの体に悪影響を与えることがありますから、発症したらすぐに医師の診察を受ける必要があります。

 

3ヶ月から3歳までの急性喉頭炎

のどの腫れと痛みの他、軽い甲高い咳、微熱、鼻水、が症状として認められます。発熱は微熱が続く場合もありますし、高熱が出る場合もあります。のどの奥に見える咽頭部分より、さらに奥の気管入り口である喉頭部分が激しい炎症を起こす点が特徴的です。

 

生後3ヶ月から3歳までに多く見られる疾患ですが、腫れがひどくなると空気の通り道が障害されて窒息する危険が高くなります。特に言葉で伝えられない乳児のケースは注意が必要です。

 

風邪と見まがうことが多いですが、親御さんは若干の違いを感じ取って適切に対処できるようにしておきましょう。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳・鼻・口・喉に関する記事

聞こえてる?!子どもの耳がよく聞こえないときに考えられる病気って?

何度も呼んでいるのに返事をしない、テレビの音を小さくすると聞こえないと怒る…。...

喉の痛み、発熱でつらそう!乳幼児の咽頭炎の対処法まとめ

子供の発熱、ひどい喉の痛みや違和感…診断名は「咽頭炎」!風邪とは違うの?と対処...

耳・鼻・口・喉の体験談

子供の鼻水事情

突然ですが、お子さんは鼻って丈夫ですか?…って、意味がよくわかりませんよね。 失礼しました。 我...

子供の中耳炎◇ぐっすり眠れるツボを教えてもらいました!

急に日記みたいなことを書きますが、良いことを教えてもらったので皆さんにもおすそ分けしますね! ...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る