カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 乳幼児に多い二つの耳の病気 急性中耳炎と滲出性中耳炎…治療法は?

育児・子供の病気

乳幼児に多い二つの耳の病気 急性中耳炎と滲出性中耳炎…治療法は?

 

小さい頃はママやパパの言葉を耳から聞いて覚える重要な時期です。

特に3歳くらいまではそれが強く、それによって発語だけでなく言語の発達にも大切な時期と言えます。ですからこの時期の耳の病気は根気よく治療を受ける必要があります。

 

乳幼児期に多い耳の病気は急性中耳炎滲出性中耳炎です。

 

急性中耳炎

特に乳幼児に多いのが急性中耳炎です。鼻風邪やアレルギー性鼻炎によって鼻やのどに付着したウイルスや細菌が中耳に侵入し、感染をおこします。

なぜ、乳幼児に起こりやすいのかというと、乳幼児は大人と比べて中耳までの道である耳管が太くて短く、機能も発達途中であるためで、それに加え抵抗力も弱いことで起こりやすくなります。

 

・症状は?

耳の痛みや発熱があるのが特徴ですが、まだ言葉を発せない場合には機嫌の悪さや、急に泣き出したり、よく耳を触ったりといった行動が見られます。

 

・治療は?

抗生剤の内服、点耳薬が主ですが、重度の場合は鼓膜を切開する手術が必要になります。放置したり、治療中に滲出性中耳炎を発症すると慢性化することもあり、難聴の原因にもなりますのでしっかり治療を受けることが必要です。

 

 

滲出性中耳炎

風邪や急性中耳炎によって中耳の中に分泌物がたまる、耳管が肥大しふさがる、急激な気圧変化で中耳の空気の出入りが悪くなる、耳管の働きが低下するなどで起こるのが滲出性中耳炎です。再発を繰り返すことが多いのが特徴です。

 

・症状は?

痛みがなく、発見が遅れる傾向があります。子どもとのコミュニケーションの中で、声掛けへの反応が悪かったり聞き返しが多かったりテレビにやけに近づいて見ていたりする場合には注意が必要です。

 

・治療は?

内服薬が初期に処方されますが、長期にわたった場合は鼓膜を切開し中の分泌物を出す必要があります。再発が多い場合には鼓膜チューブを入れることもあります。

 

言語の発達は脳の発達にも影響しますので、気づいてあげることはとても重要です。 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/01/10-355831.php?category=51])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳・鼻・口・喉に関する記事

赤ちゃんが咳・鼻水・くしゃみをしている!これは風邪?病院に行くべき?

生まれたばかりの赤ちゃんが咳・鼻水・くしゃみをしていると風邪をひいてしま...

耳垢が耳の中に溜まってしまう「耳垢栓塞」とは?

  耳の病気には難聴や外耳道炎などがあります。そして、耳垢塞栓も耳の病気のひと...

耳・鼻・口・喉の体験談

子供の鼻水事情

突然ですが、お子さんは鼻って丈夫ですか?…って、意味がよくわかりませんよね。 失礼しました。 我...

子供の中耳炎◇ぐっすり眠れるツボを教えてもらいました!

急に日記みたいなことを書きますが、良いことを教えてもらったので皆さんにもおすそ分けしますね! ...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る