カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 子どもに増えている花粉症…予防が一番大事です!

育児・子供の病気

子どもに増えている花粉症…予防が一番大事です!

 

子どもがかかりやすい鼻に関する病気で、近年数を増やしてきているのが花粉症です。

花粉症というとまだ大人のものというイメージがあるかもしれませんが、大人に多いというのも事実ですし、子どもに増えてきているものも事実です。

 

花粉症の症状が危ない

花粉症の症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、目の赤み、皮膚のかゆみといったものがあります。

この中で子どもの場合注意しなければならないのが鼻づまりです。

鼻がつまることで人は口呼吸になります。この口呼吸は夜の就寝時のいびきにつながり、重篤化すれば睡眠時無呼吸症候群につながる場合もあり、こうなるととても危険です。

 

アレルギーだから完全には治らない

花粉症はアトピーなどと同じでアレルギーですから、本人の体質によることが多く、根本治療が難しいです。まずはそれを理解した上で治療の方法を模索しましょう。

 

予防が一番大事

完治しないということから、花粉症は予防が一番大切ということになります。花粉症を発症していてもその症状をなるべく抑えることが重要です。予防方法としては大人と変わらず、マスクをしたり、家の中に花粉を持ちこまないようにすることですが、子どもの場合どこまでできるか難しい部分もあります。

 

子どもは外で遊びたい!

子どもは外で元気に遊びたいですし、マスクなんかしたくありません。

子どもの気持ちと花粉予防で折り合いをつけることも大切です。

その上で点鼻薬や点眼薬、内服薬や、花粉予防の施術を受けると言った選択肢をおりまぜて対処するのがよいでしょう。また、布団の干し方や他の家族が花粉を家に持ちこまないことも重要です。

 

子どもの花粉は家族みんなで改善していく必要があると言えます。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/03-018679.php?category=51])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳・鼻・口・喉に関する記事

大人も子どももかかりやすい呼吸器疾患「急性気管支炎」の症状&対処法について

呼吸器の感染症のうち、もっとも一般的なのが急性気管支炎です。子どもだけではなく...

赤ちゃんの泣き方が何だかヘン!?咽頭炎の対処法3ポイント

大人なら喉の痛みやいがいがを自覚し、病院にすぐに行くことが出来ますが、授乳期の...

耳・鼻・口・喉の体験談

特徴的な咳には要注意!!こどものクループ症候群

次男が1歳の頃、初めてクループ症候群にかかりました。 微熱程度で、軽い風邪かな??と思い、元気...

子供の鼻水事情

突然ですが、お子さんは鼻って丈夫ですか?…って、意味がよくわかりませんよね。 失礼しました。 我...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る