カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 性器 >
  5. 新生児や乳幼児によく起こるふたつのヘルニア 鼠径ヘルニアと臍ヘルニア

育児・子供の病気

新生児や乳幼児によく起こるふたつのヘルニア 鼠径ヘルニアと臍ヘルニア

 

ママは男の子の体については、女の子の体以上には詳しくないと思います。

そんな時こそパパの出番ですが、ママ自身も男の子の体、特に性器に起こる病気について知っておく必要があるでしょう。

 

ふたつのヘルニア

新生児や乳幼児の体に起こる疾患として、よく見られるものに二つのヘルニアがあります。以下に見てみましょう。

 

◆鼠径(そけい)ヘルニア

鼠径ヘルニアは小児での発症が最も多い疾患で、小児の外科的疾患の中でも最も多いものです。本来ママのお腹の中で、精巣がお腹から睾丸の袋の中に下がってくる際に通路が出来上がります。

この通路が開いたままになっているとこの空間に腸などが出て脱腸してしまい、鼠径ヘルニアとなります。

 

どう気づく?

多くは鼠径部が肥大したことで気が付くようです。家庭内での発生頻度が高く遺伝性も疑われるため、そこからヘルニアの疑いを持つことも多いようです。子ども自体にも不機嫌や寝つきの悪さなどの症状がみられたり、痛みが自覚されたりします。

 

どう対処すればよい?

鼠径ヘルニアの場合、1歳以下では自然治癒の余地がありますので、1歳まで待って治らなければ手術という場合もありますし、脱腸している部分がダメージを受けている可能性を考えてすぐに手術をしてしまう場合もあります。

 

◆臍ヘルニア

臍ヘルニアは鼠径ヘルニアの次に多く見られるヘルニアです。臍帯付着部分の閉鎖不全が原因で、激しく泣くなどの腹圧に力が入ることが関係して腸管がヘルニア口から脱出します。

 

どう気づく?

うまれてすぐは目立ちませんが、2~3ヶ月頃になると症状が見られ始めます。円形のふくらみを臍部分に認めることができます。

 

どう対処すればよい?

以前は95%は4か月頃から小さくなりはじめ1歳になる頃には自然に治るとされていましたが、最近はヘルニアの出方が大きい場合は早期に綿球をあてて絆創膏固定する、積極的な治療が推奨されています。これは将来的にでべそになったり皮膚がたるんだりすることを防ぐ目的もあります。

 

ヘルニアは見た目でわかりやすいため、ママやパパが気づいて心配し、医師に相談することが多いようです。

 

「育児・子供の病気」で人気の記事はこちら

●苦しそうな顔でうなる赤ちゃん、原因は?自宅でできる「お腹のガス対策」3つ

 

(Photo by:足成 )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

性器に関する記事

知っていますか?男の子の性器の病気…亀頭包皮炎・陰嚢水腫・停留睾丸

  女の子の赤ちゃんならお母さんと体の構造が同じですが、男の子の場合、特に性器...

ママはよく知っておこう!男児の包茎…でもこんな場合は気にしなくてOKです!

  子どもが生まれてしばらくは健診などが短いスパンでありますので、心強いですが...

性器の体験談

100人に1人!停留精巣

下の子の6ヶ月健診で『左のタマタマがないから紹介状書くので病院に行ってください』と言われました。 ...

カラダノートひろば

性器の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る