カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. マッサージ >
  4. ふくらはぎの状態で健康状態がわかるって本当?腰痛・肩痛のための電気治療!

健康診断・健康管理

ふくらはぎの状態で健康状態がわかるって本当?腰痛・肩痛のための電気治療!

健康を維持する上で大切となることは様々あります。例えば、栄養バランスのとれた食事をとる、運動をするなどといったことが挙げられます。それらは何のために行うかというと、血流を良い状態に保つためです。

ですから、健康を維持する上で一番大切になるのは、体内の血液の流れを円滑に保つことになります。

 

鍵を握るのはふくらはぎ

その鍵を握っているのは、意外かもしれませんが脚のふくらはぎなんですね。

なので、ふくらはぎの筋肉を揉みほぐしてあげると、血液の流れがスムーズに改善されます。そうして血流が改善された結果、全身のありとあらゆる組織に酸素や栄養素が行き渡ることで活性化し、悪い病気も治ります。

そのことから、最近は「ふくらはぎは第二の心臓だ」とも言われています。

 

そんな身体の健康状態の鍵を握っているふくらはぎですから、ふくらはぎの状態によって、自分の健康状態を知ることができるんですね。

 

◆健康状態はふくらはぎに反映される

健康な方のふくらはぎは、体温のほんのりとしたあたたかみや弾力性があり、それでいて柔らかいふくらはぎをしています。

 

しかしながら、体の何処かに以上のある方のふくらはぎはパンパンに張って固くなっていたり、あたたかいはずがひんやりとしていたり、あるいは弾力が全くなくダルダルと柔らかすぎるなどの特徴が見られます。

ふくらはぎの状態と全身の健康状態には相関関係があるようです。

 

良いふくらはぎ(健康状態良好)

・ほんのりと体温が感じられあたたかい

・弾力に富んでいるだけでなく柔らかい

・張りのある皮膚

・中まで柔らかく、中にコリコリとしたしこりのようなものがない

・指を離すと瞬時に元の状態に戻る

 

病気別に見られるふくらはぎの状態

・熱くて硬いふくらはぎ

高血圧の可能性があります

 

・熱くて硬くないふくらはぎ

急性炎症や風邪などを発症している恐れがあります

 

・冷たくて硬いふくらはぎ

冷え性や婦人病、さらには自律神経失調症である恐れがあります

 

・冷たくて柔らかいふくらはぎ

糖尿病である可能性が高いので一度検査を受けて下さい

 

・冷たくて柔らかく全く弾力がないふくらはぎ

腎臓疾患を発症していると考えられるので、腎臓の検査を受けてみてください

 

ふくらはぎの状態で、自分の健康状態だけでなく、どこが悪いのかもわかるとは驚きですね。

また、体の不調を感じ始めたら、まずはふくらはぎを揉みほぐしてあげるのもいいかもしれませんね。

 

 

ふくらはぎの大切な働き「筋ポンプ作用」って何?

健康管理で1番大切になってくるのは、血流を良い状態に保つことです。つまり、滞りのない血行状態を保つことです。そのスムーズな血行状態に大きく関わっているのは、脚のふくらはぎなんです。

 

ふくらはぎを揉んで健康に

ふくらはぎの筋肉を揉みほぐすと、滞っていた血流もスムーズに改善されます。その結果、スムーズに流れる血流に乗って栄養素や酸素が全身のありとあらゆる組織に行き渡り、活性化することで病気も快方に向かいます。

 

どうしてふくらはぎを揉むだけでこのような効果が得られるのでしょうか?

それはふくらはぎの重要な役割である「筋ポンプ作用」の働きのおかげです。こちらでは、その筋ポンプ作用について簡単にご紹介したいと思います。気になる方は是非参考になさってくださいね。

 

ふくらはぎの筋ポンプ作用ってどんな働きをするの?

ふくらはぎの筋ポンプ作用とは一体何でしょうか?

それは、心臓によって足まで送られてきた血液を、重力に逆らって心臓へと戻す働きのことをいいます。

この働きから、ふくらはぎは別名「第二の心臓」とも呼ばれています。

ふくらはぎの筋肉が収縮することで静脈が圧迫され、圧迫されることで血液が絞り出されるように心臓に向かって流れ出します。

 

また、筋肉が弛緩すると、再び脚の下のから血液で満たされる。この一連の働きをポンプになぞらえ、筋ポンプ作用とよんでいるのですね。

 

さらに静脈には、血流を一方通行に保つための、あるいは血液の逆流を防ぐための弁がたくさん存在しています。

この弁の存在により、効率的に血液が流れるようになっています。

筋ポンプ作用によって、歩行時や立っている時に静脈にかかる圧力を27hPa(20mmHg)以下にまで減らし、負担を軽くしていることが可能となっています。

 

<正常な脚における筋ポンプ作用>

・安静時(静かに立っている状態)

歩いたりすること無くただ立っているだけの安静時には、静脈は足首まで1本道になっています。そのため、血液の重力が直接血管の負担となります。

 

・運動時(筋収縮期)

歩いたりと動くときの運動時(筋収縮期)には、交通枝と下側の弁が閉じてしまいます。そうすることで血液の逆流を防ぎ、血液が心臓方向つまり上側にだけ送られていきます。

 

・運動時(筋弛緩期)

運動時とはいっても筋弛緩期には、表在静脈と深部静脈の下側の弁が開放されます。開放されることで、足の下の方に血液が流れ込みます。

 

このようなふくらはぎの筋ポンプ作用によって、体中の血液が滞り無くスムーズに循環しているんですね。いつも頑張って働いているふくらはぎを、たまには揉みほぐしことで労ってあげてはいかがでしょうか?

 

 

腰痛・肩痛のための電気治療!

腰の痛みや肩の痛みなどの症状があった場合に、接骨院での治療を受けることがあると思います。整形外科や接骨院では、通常の治療を受ける他に電気治療を行うことが多くあります。

 

ではなぜ電気治療を行うのでしょうか。そして電気治療にはどんな種類があるのでしょうか。

 

◆接骨院でまず電気治療を施す理由

腰痛や肩の痛みなどの痛みは、痛みの信号を脳が受け取ると、患部に痛みを感じることで周辺の筋肉が緊張してしまいます。筋肉がこわばってしまうと血管も収縮してしまい、血行が悪くなってしまうわけです。そのために痛みが増強するという悪循環が起こってしまいます。

 

電気治療は、患部周辺の筋肉などに電気を流すことで、緊張状態をほぐすことが目的です。

 

整形外科や接骨院などで行われる電気治療は主に低周波治療というものですが、最近は電気治療も進化し、様々な電気治療器が実用されています。

その電気治療器により、効果も色々と違うようです。

 

◎干渉波治療器(低周波治療器を含む)

血液の流れをスムーズにし、マッサージ効果で筋肉の緊張をほぐしていきます。身体が重く感じるような時や筋肉のリハビリ効果があります。

 

*直流電波

直流電波は、痛みの治療に非常に効果が高いといわれています。

 

*非常に高い周波数

通常の低周波治療器が約1~500Hzの周波数なのに対して、40,000Hzという非常に高い周波数を持っている治療器があります。これは筋肉の深いところまで直接電気を送り込むことができ、より強い効果があるとされています。 

 

◎マイクロ波治療器

超短波エネルギーが身体の深部に達して熱を発生させ、痛みのある部分を直接温める温熱効果により治療します。

 

◎トリガープロ

ガン式の局部的な治療器です。スポーツ選手の痛みや急性の症状に力を発揮します。

 

この電気治療を行う時、電気の強さとしては弱すぎると治療効果は上がりませんが、逆に強すぎると痛みが増してしまう危険性があるので、電気治療は不快に思わない程度がちょうど良いとされています。 

 

最近は痛みに対する電気治療の研究も進み、いい治療器がたくさん出てきているようです。

 

 

ご自分の症状に合わせた治療をしてもらうために、症状を良く説明し、それぞれの電気治療器の中から適切なものを組み合わせて、より効果的な治療をしてもらってください。

 

 

肩こりと電気治療!電気治療器の訪問販売には気をつけよう

肩こりの原因は人それぞれですが、パソコンやテレビ、携帯電話と、現代社会は目を酷使し、肩こりはもはや現代病といえる症状の一つです。

 

整形外科や接骨院などに行くと、通常の診療とは別に電気治療を取り入れている場所が多く見受けられます。

診察の前に、まるで当たり前のように「電気を先にかけてきてください」と言われる光景を目にしますが、この電気治療というのは、果たして肩こりに本当に効くのでしょうか。

 

電気療法とは、低周波治療器あるいは低周波通電療法のことをいいます。

肌に当てた導子と呼ばれる2個以上の端子の間に、弱いパルス波電流を流します。

周波数が1~2Hzは肩こり、100~150Hzは腰痛の治療に用いられます。

 

最初の診察時、骨に異常がないと確認された後で、筋肉が凝り固まっているだけであれば、電気治療は有効だと思います。

しかし、骨に異常がある場合や、筋力がもともと弱い方、逆に筋肉への負担が普段から大きく、電気治療でほぐしてもすぐに筋肉が凝ってしまう場合などは効果が低いと思われます。

 

電気治療は筋肉の緊張を緩和し、血流を促す事で痛みや肩コリを緩和するわけですから、1~2回ですぐに効果があるとは思わず、定期的に治療を繰り返しうけていくことが大切です。

また、肩凝り体操のようなストレッチを取り入れたり、酷い傷みの時は、塗り薬や貼り薬も有効です。

しかし、なかなか改善が見られない時は、しっかりと原因を調べてもらったほうが良いです。

 

 

◎ 詐欺に似た電気治療器の訪問販売に注意!

肩こりは本当に辛いです。中々治らないとすれば、よりその辛さは身にしみるものです。

しかし、電気治療は肩こりに良い……という噂だけで、法外な値段で電気治療器具を売りつける悪徳業者もいます。

「うちは○○病院にも納品している正規の業者ですから安心です。」「NASA推奨で、アメリカの医学雑誌にも掲載されました。」なんていうのは全くのウソです。

 

正規の業者が飛び入りで一般家庭に訪問販売になんて行きませんし、地域センターで人を集めて格安販売なんてしません。NASA推奨なんてこともありえません。

肩こりが辛くてわらにも縋る思いで買いたくなるのも分かりますが、ついついその場の雰囲気で購入してしまわないように気をつけましょう。

 

肩こりは永遠のテーマというぐらい、肩こりに悩まされている方は多いようです。

どこでどんな治療を受けるにしろ、自分が肩こりに至っている原因をまず知ることが大切です。

電気治療はあくまでも症状を緩和する一つの手段と考えたほうが無難なようです。

 

 (イラスト by: いらすとや)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

マッサージに関する記事

トムソンテクニック、アクチベーターって何?様々なカイロプラクティック

    カイロプラクティックはその100年余りの歴史の中で様々なテクニックが...

5つの指圧法をご存知ですか?指圧マッサージにはどんな効果が?ツボは全身に400箇所!痛い指圧マッサージは効果が無い?

    自宅で自分でも手軽に行えると評判の「指圧マッサージ」。どんな効果が期...


ハンドマッサージの効果って何?種類も様々!簡単ハンドマッサージを紹介

手をキレイにしてくれるハンドマッサージですが、「その他にも嬉しい効果はないの...

カラダノートひろば

マッサージの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る